いしぐろかずおはながさきで生まれました。

  •  
  • 325
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 27, 2016 17:20
いしぐろかずおはながさきで生まれました。五歳とき、家族とイギリスに行きました。あそこで成人して、作家になりました。1989年にいしぐろ先生は「Remains of the day」という作品で、 ”Mann booker”賞をじゅしょうされて、世界的に有名な作家になりました。今、いしぐろ先生が世界にくっしの英語で書いている作家と言われています。


いしぐろによって”Never Let Me Go”という小説は2005年に出ました。”Never Let me Go”は
Hailsham というきしゅくがっこうでそだてられている三人の子どもについて物語です。しかし、子どもは運命がもう決まりたか、だんだん習います。KathyとRuthとTommyはクローンで、ないぞうをていきょうするために作られました。そして3,4のていきょうのあとで、死にます。SFのようですが、実はにんげんせいについて話です。
Kazuo Ishiguro was born in Nagasaki. When he was five, he and his family moved to England, where he was raised and became an author. In 1989,he received the Man Booker prize for his book, The Remains of the day and became famous world wide. Ishiguro is said to be one of the best English writers in the world.

Ishiguro's novel, Never Let Me Go was published in 2005. Never Let Me Go is the story of three children, growing up in a boarding school called Hailsham. However, they gradually learn that their fates have already been decided for them. Kathy, Ruth and Tommy are clones, created to donate their vital organs and after 3 or 4 donations, die. Although this sounds like Sci-Fi, It is actually a story about humanity.