感想:詩の読み方について

  •  
  • 586
  • 9
  • 4
  • Japanese 
Sep 9, 2016 15:58
感想:詩の読み方について
詩は内容と形式を結びつけて、「美感」をあらわって、吟詠ができる文学です。詩は豊かな想像力を通し、作家の思想と感情を伝えるだけではなく、社会と文化も反映します。
私は詩のことを分かっていませんが、興味を持ちます。またに一つの詩を読むと、美しい文字は自分の情思を釈放します。詩は品性を陶冶ができます。孔子は「詩は以興す可く、以観る可く、以羣ぐんす可く、以怨む可べし。」と言いました。
私は詩を読む方ができないので、この文書を見つけました。半分まで読みました。その中で一番好きな言葉は「散文は歩行であり、詩は舞踏である」です。詩は舞踏で形容することは適切だと思います。私は舞踏を観賞することもすきです。舞踏は文字より早い、人間の思想と知恵を伝える芸術です。しかし、私は具体的に舞踏の動作の意義を説明することができません。ただ、感受だけで、その美しさを感動らさせます。もしかして、詩を読むことは同じ感じかもしれません。
http://www.okabejuntaro.com/text/prose/critique/hihyousai/hi0203sinoyomikata.html
http://kanbun.info/keibu/rongo1709.html
感想:有關讀詩的方法之一
詩一般被認為是種內容與形式高度結合統一,並體現出「美感」、適宜吟詠的文學形式。詩除了以豐富想像力表達作者的思想和情感,亦反映社會文化。
雖然我不懂詩,但我對詩很有興趣。偶爾讀一首好詩,美麗的語言釋放自己內在的情思。詩可以陶冶性情。孔子說「詩,可以興,可以觀,可以群,可以怨。」
因為不懂怎麼讀詩比較好,我找了這篇文章。目前看了一半。
我最喜歡的一句話是「散文如同散步,詩宛若舞蹈」,將詩比喻舞蹈真是太貼切了。我也喜歡欣賞舞蹈,舞蹈是比文字更早,用來傳達人類思想和智慧的古早藝術,但是我沒辦法很精準去解讀每一個舞蹈動作的意義,我只能用感受的,為那呈現的美好感動。也許讀詩也有類似之處吧!
http://www.okabejuntaro.com/text/prose/critique/hihyousai/hi0203sinoyomikata.html
http://kanbun.info/keibu/rongo1709.html