感想:詩の読み方について2

  •  
  • 428
  • 3
  • 2
  • Japanese 
Oct 23, 2016 19:01
感想:詩の読み方について2
私はその文の後半を読み終わりました。私にとってはちょつと難しいです。多くの知らない単語があります。作家は「散文は動画であり、詩は静止画である」という定義で散文と詩の違いをはっきり指摘しました。詩は散文のようではなく、明確的な文脈がないので、読者の想像力を呼び起こして、詩を味わることができます。しかし、最後の部分は二つところの意味をよくわかりません。
1. 「それは頭ではなく、肉体的につかみとってしまうものだ。」
2. 「そうすれば、やがてそこに隠されていた息づまるような抒情が、あなたを静かにとらえ始めるであろう。」

http://www.okabejuntaro.com/text/prose/critique/hihyousai/hi0203sinoyomikata.html
http://kanbun.info/keibu/rongo1709.html
感想:有關讀詩的方法之二
我看完了這篇文章的後半部,我覺得對我來說有點困難。有許多我不懂得單字。我覺得作者以「散文像動畫,詩像畫」來說明散文和詩的不同也很有道理。詩不像散文一樣會有清楚的文章脈絡,也因此更能激發讀者的想像力去品味詩。但是最後面有兩句話不太明白是什麼意思。
3. 「それは頭ではなく、肉体的につかみとってしまうものだ。」
4. 「そうすれば、やがてそこに隠されていた息づまるような抒情が、あなたを静かにとらえ始めるであろう。」

http://www.okabejuntaro.com/text/prose/critique/hihyousai/hi0203sinoyomikata.html
http://kanbun.info/keibu/rongo1709.html