詩を読む:唐寅 桃花庵歌2

  •  
  • 1186
  • 12
  • 1
  • Japanese 
Sep 20, 2016 12:14
詩を読む:唐寅 桃花庵歌2
「桃花場裏の桃花庵、桃花庵真の桃花仙。桃花仙人は桃樹を植ゑ、又桃花を摘んで酒銭に換ふ。」読者に美しい夢のような景色を見させって、詩人は自分で自由な仙人を喩えます。「半醒半酔 日また日、花落ち花開き 年また年。
ただ願はくは老いて花と酒の間に死せん、車馬の前に鞠窮するを願はず。」彼は毎日花を見たり酒を飲んだり、むしろしゃらくな隠者になっても、出世を求めたくありません。「もし貧賎をもって車馬に比ぶれば、他は駆蝕するを待 我は閑を得。」彼らは私のような楽しむ気持ちがありません。
「別人我を笑ふて風顛かと試がふも、我は他人の看不穿を笑ふ。見ずや五陵豪傑の墓、花なく酒なく鋤かれて田となるを。」その文は特に心に響きます。それも私は好きな文です。一見したところ、飄逸な人生観が、詩人の官吏になる道で失意の気持ちを隠します。
「桃花塢裡桃花庵,桃花庵下桃花仙。 桃花仙人種桃樹,又摘桃花換酒錢。」讓人看到一幅美麗浪漫的景像,詩人將自己比作桃花仙人般愜意自在。「酒醒只在花前坐,酒醉還來花下眠。 半醉半醒日復日,花落花開年復年。但願老死花酒間,不願鞠躬車馬前。」他天天喝酒賞花過日子,寧願當瀟灑的隱士也不願追求功名利祿。「若將花酒比車馬,彼何碌碌我何閒。」那些人還不如詩人能享有這樣的閒情。「別人笑我太瘋癲,我笑他人看不穿。 不見五陵豪傑墓,無花無酒鋤作田。」這段話特別感動人,也是我最喜歡的句子。看似灑脫的人生態度,卻隱藏了詩人仕途失意的無奈,他的人生體悟也值得我們省思。
☆漢詩☆「桃花庵歌」悠々脱俗の気分を歌うhttp://blog.livedoor.jp/usagi0816/archives/826480.html
真實的唐伯虎那麼慘

唐寅wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%AF%85
《桃花庵歌》
http://ppt.cc/Pn2t