和訳の添削・解説お願いします(7)

  •  
  • 544
  • 9
  • 2
  • Japanese 
Aug 27, 2015 16:46
中国では、タトゥーは長い歴史を持っている。しかし、長い間タトゥーは犯罪者、チンピラやヤクザを連想するので、白い目で見られてきた。過去十年間、中国でタトゥーがだんだん受け入れられたのは、上流階級やスポーツ選手たちからの影響だったからだ。タトゥーの流行は、自分らしさを求める若い世代からの影響だけではなく、中国彫師の凄腕に深く関わっていると言われている。
北京の創造的な彫師28歳の寥麗佳さんはこう言った。“10年前、タトゥーを見ると悪い人や犯罪者を連想するので、タトゥーを入れたくても白い目を見られるのが恐れていた。タトゥーは、若い人にとって自分のアイデンティティを保ち、人生経験を刻むひとつの方法である。それが良いと思う人がいれば、そうでもない人もいるだろう。”28歳のファッションデザイナー王紫さんは、“タトゥーはあなた自身の名前のようなもので、タグにすぎないと思います。タトゥーを入れたところは体に最も特殊な部分で、あなたの考えや世界を見せることができ、輝くのです”と話した。彼女の肩甲骨に熱気球のタトゥーを入れてある。このタトゥーは、彼女が子供の頃、熱気球に乗りたいという夢があったため、自分で入れた。同じい28歳のIT業界の杜薇さんは胸にチョウのタトゥーを入れているのは、夭折した子供のためだ。
西洋のタトゥー界に漢字が流行っている(ベッカムが入れたタトゥーは中国で有名な諺である)のと同じく、中国では英語の単語や文句が人気である。“LOVE(愛)”と“FOREVER(永遠)”がとても人気である。ジョン・レノンの歌詞“Imagine(想像)”やバイブルの節を入れた人もいる。彫師大華さんはあるお客さんの手腕に入れている“The Lord is my shepherd;I shall not want.(イエスは私の牧師であり、他に望むことはない)という達筆タトゥーを見せた。彼は、中国の昔話からインスピレーションを得て、中国文化と時代を融合させたアート作品を作った。
アジアは昔からタトゥー文化があった。日本のタトゥーは大胆さと進化したスタイルで有名になっているが、香港のタトゥーは自分らしさを持っている。この港湾都市はイギリスの古い船員たちの好みを知っていて、西洋伝統なバラ、錨などを東洋独特な龍や虎と融合させている。また進んでいない中国では、自分らしさを形成しつつあり、古典と現代のインスビレーションを融合している。
中国の彫師は自分の仕事をアートではなく、単に商売だと思う傾向がある。8年前、趙亮さんは専門学校を卒業した。アートを専門とする彼だが、教師や公務員になりたいと考えていた。“しかし、この二種類の仕事は待遇はあまり良くなくて、家族を養うため、自分で生活を賄える仕事を探さないと”と話した。ある日、彼はコマーシャルを見て、タトゥー一回で50元と書いてあるので、やってみると思った。“それで私はタトゥーの世界に入り、これからますます良くなるだろう。”と趙亮は言った。
在中国,纹身有着悠久的历史。但很长一段时间以来,纹身与罪犯、混混以及黑社会联系在一起,饱受诬蔑。过去十年来,纹身正在被中国社会所接纳,而这,部份得益于社会名流和体育明星所带来的影响力。纹身的流行,固然少不了敢于展现自我的年轻新生代的推动,但也与中国纹身技师炉火纯青的手艺密不可分。
北京创意纹身技师,28岁的廖丽佳说:“10年前,人们还把纹身与坏人或歹徒联系在一起,想纹身的人担心纹身后受到歧视。涂上油墨的纹身是年轻人锻造自己身份,镌刻人生经历的一种方式---亦好亦坏。28岁的时尚设计师王紫说:“我觉得纹身就像你自己的名字一样,只是个代号而已。它是你身体上最特殊的部份,让你与众不同,展现着你的思想和你的世界。”她的肩胛骨上就绣着一只热汽球,这个由她亲手纹下的图案,是为了怀念儿时想坐热汽球的梦想。28岁的IT女杜薇的胸口纹着一只蝴蝶,用以缅怀夭折的孩子。
如同汉字在西方纹身界流行一样,(贝克汉姆身上纹的中国谚语就很有名)在中国,也有人喜欢纹英语单词和短语。“LOVE(爱)”和“FOREVER(永恒)”是热门的纹身单词。其他人选择纹上约翰•列农的歌词“Imagine(想像)”或圣经选段。纹身技师大华展示一个客户手腕上纹着的草书“The Lord is my shepherd; I shall not want.(耶和华是我牧者,我必不至缺乏)。他还从中国传说中攫取灵感,创作出揉合中国文化与时代特色的艺术作品。
亚洲老早就有属于自己的纹身文化。日本的纹身以其大胆和高度发达的风格而著称。香港的纹身亦有属于自己的阵地。这个港口城市为了迎合英国的老船员们,把西方传统的玫瑰花、锚等纹身图案与东方特色的龙或虎结合在一起。方兴未艾的中国纹身,正在形成属于自己的独特风格,兼容并蓄着来自古典与现代的灵感。
中国纹身技师往往羞于把自己的工作看作是一种艺术,而仅仅把它看作是一门生意。8年前,赵亮毕业于一所技工学院。主修艺术的他,曾打算当教师或公务员。“但是,这两种工作待遇都不太好。由于要养家糊口,得找个养得活自己的工作。”有一天,他看到一个广告,纹身一次50元,就想试试。“然后我就进入了纹身这一行,我觉得生活会变得越来越好。”