危機感①

  •  
  • 55
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jan 19, 2020 23:38
私は、後輩に抜かれました。
その後輩は、会社の営業マンでした。会社がつぶれて、うちのホテルに来ました。今は、ドアマンをやっていますが、ドアマンは彼にとってかなり簡単な仕事です。
彼は、上司から次々と新しい仕事を与えられています。一方で、私は4年間働いてきましたが、基本的な仕事しかやらせてもらえません。
また、彼はほかの部門に友達ができて、人脈も広いです。
あなたは上司でしたら、私とその後輩、どちらをとりますか?
私は、ものすごく危機感を感じていますが、何もなすすべもありません。競争って、残酷なものです。あなたは、仕事ができていないというのではなくて、ほかの人はあなたより使えるから、あなたは切られます。
昔、日本にいた頃、私はバイトを転々としてきて、どれも長く続けられませんでした。日本は、競争社会で、完全実力主義です。だから、競争に負けて淘汰される人は、たくさんいるでしょう。
では、どうすればいいですか?
明日は、切られるかどうか分からないから、今日は最後の一日を思って、仕事をします。毎日、限界まで自分を追い込んで働かないとだめです。それでも、だめでしたら、それは仕方がありません。
我被一个后辈给超过了。
那个后辈,以前是公司的推销员。公司倒闭后,来我们酒店了。现在他在做行李员,行李员对他说是很简单的工作。
上司不断给他新的工作做。而我,做了4年了,只会一些最简单的活。
还有,他在别的部门也有朋友,人脉很广。
如果你是上司的话,我和那个后辈,你会选择哪一个?
我感到了强烈的危机感,但是没有办法。竞争是很残酷的。不是说你的工作没有做好,而是别人比你做得更好,所以你被裁掉。
以前,在日本的时候,我换了很多的打工,哪一个都做不长。日本是竞争社会,完全的实力主义。所以,竞争失败被淘汰的人有很多吧。
那该怎么办?
明天会不会被裁员也不知道,所以要把今天当作是最后一天来工作。每天,要逼自己去工作。即使那样,还是不行的话,就没有办法了。