在日の涙

  •  
  • 118
  • 1
  • 2
  • Japanese 
Jan 21, 2020 18:27
日本でバイトをしていたとき、先輩から仕事が引き継がれて、私は残り半分の仕事をやりました。でも、問題になりました。「誰がやらかした?」と上司に聞かれて、私は慌てて「違います。私のせいではありません」と説明しようとしましたが、説明しきれなくて、責任を押し付けられたことがあります。
私は、ある程度日本語ができても、細かく説明することや、日本人と論争するほどうまくはありません。だから、けっこう苦労をしました。
時には、私は「どうして上海でののんびりした生活を捨てて、わざわざ日本に来たのか?」と思ったことがあります。日本で生活するのは、大してお金儲けができないのに、苦労するのに。
先日、図書館で『在日の涙』という本が目に付きました。それは在日朝鮮人二世の辺真一さんが書いたもので、日本で生活する苦労をたくさん書かれていました。
朝鮮人だと知られたら、差別されるので、名前をころころ変えました。「渡辺」や「田辺」など日本人の名前をつけました。また、大学を卒業しても、仕事がなくてヤクザになる朝鮮人は、たくさんいました。
辺さんは、今は出世してジャーナリストになりましたが、それまではたくさんの苦労をしました。だけど、出世とは縁がなく、一生苦労をする人はたくさんいるでしょう。
我在日本打工的时候,有一个前辈交接给我工作,我把剩下的工作给做完了。但是,出问题了。上司问我,谁做的?我急忙解释,不是我。但是解释不清,结果全部怪到我的头上。
我虽然会一点日语,但是要解释清楚,还有要和日本人争论,我没有达到这种水平。所以,吃了很多苦。
有时候,我会想,为什么我要放弃上海悠闲的生活,到日本来呢?在日本生活,又不能赚大钱,又要吃苦。
前些天,我在图书馆看到一本叫『在日的眼泪』的书。那是在日朝鲜人二世的边真一写的,里面写了很多在日本生活的艰辛。
要是被知道自己是朝鲜人了,就会被歧视,所以不停的换名字。换成渡边或者田边。还有,即使大学毕业,也找不到工作而去做黑社会的朝鲜人,有很多。
边先生,现在出息了,做了记者,但是一路走来吃了很多苦。但是,一辈子吃苦的人,有很多吧。