cainong's Home
 
 
 
 
Photo Album

 
 

21
Entries Written

8
Corrections made

22
Corrections received

17
Friends


Read more

Latest entries

cainong

調査協力のお願い

調査協力のお願い このアンケート調査は日本と中国の断り言語行為を考察するために作成されました。 他の目的で使用されることはないので,気軽にお答えください。 ご自身について以下の点をお教えください。 1.年齢:(  )代  2.性別:□男性 □女性    ご協力の...
  •  
  • 126
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Mar 8, 2018 11:12
cainong

直していただきたいです

直していただきたいです 雄一は伊豆へ出張したのゆえに、現実を逃げた。小説の中で雄一の性格はそう描いた。「この間えり子さんの死の知らせを延ばしにしたのと同じ気まずさを勝手に背負って私に連絡できなくなる。それが彼の性格だ。」みかげはかれ二度と戻らない感じたので、仕事中があるの...
  •  
  • 285
  • 0
  • 2
  • Japanese 
May 29, 2016 08:43
cainong

直していただきたいです

直していただきたいです 吉本ばななは当時の女性作家の代表として、小説を通じて、女性の地位が重要になるという理念を表現しているは見られる。みかげはえり子の頑張る姿から力をもらって、大学をやめて料理研究家のアシスタントになった。これは自己欲求のために努力する行為だろうか。...
  •  
  • 296
  • 0
  • 2
  • Japanese 
May 28, 2016 22:35
cainong

直していただきたいです

直していただきたいです みかげの存在がまた続けて、二人は家族になっていく。二人の関係は、友人、恋人などではなく、やはり、「家族」が一番ふさわしい言葉だろう。そんな関係は、世間にはほかの家庭に比べて、もっと強いものだと思う。周閲がこんな困難には、二人でお互い支えたことであり...
  •  
  • 259
  • 0
  • 1
  • Japanese 
May 25, 2016 16:22
cainong

しかし、彼は孤独でありながら、孤独ではなかった。

しかし、彼は孤独でありながら、孤独ではなかった。みかげの存在がまた続けて、二人は家族になっていく。二人の関係は、友人、恋人などではなく、やはり、「家族」が一番ふさわしい言葉だろう。そんな関係は、世間にはほかの家庭に比べて、もっと強いものだと思う。周閲がこんな困難には、二人で...
  •  
  • 209
  • 0
  • 0
  • Japanese 
May 22, 2016 18:51
Read more