私と泥棒のこと

  •  
  • 549
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Aug 4, 2010 12:01
 今日、ほかの人の日記を読んだとき、ある女の人の携帯を泥棒に盗まれたというニュースを読みました。携帯の中に、舞踏家の息子は彼女のために最後の踊りがあるので、彼女はネットで「返してほしい」と泥棒に願いました。かわいそうですね。
 私も私に関係した泥棒のことを思い出しました。今まで、私は泥棒に盗まれることは一回だけあります。それはたぶん小学校のことでした。ある日、友達とある商店街へ買い物に行きました。その商店街は泥棒が多いということは皆が知っていますので、普段はあまり行きません。そして、そこに歩くとき、ある泥棒が私のポケットにある携帯を狙っていたということを気をつけました。私はずっと彼のことを見ていましたが、ほんとにすごい泥棒ので、私の携帯を彼に盗まれました。私はすぐ私の携帯はないと分かたとたん、あの泥棒は帰りました。「おい、お前の携帯。」と私に声をかけて、私の携帯を返りました。なぜかと言うと、私はその日、泥棒に盗まないように、家のとっても古い携帯を持って出ました。あの泥棒はきっとその古い携帯がいらないと思っていました。しかし、一般的には、いらない物を勝手に捨てます。なぜわざわざ返ってくれるのか分かりません。そして、その泥棒のおかげて、私はそのあと、どこに行っても、泥棒に盗まれることはないです。とっても気をつけているのです。今思い出したら、面白い思い出だと思います。