遠い友情

  •  
  • 136
  • 8
  • 7
  • Japanese 
Dec 5, 2019 08:51
今年のハロウィーンには、学園に日本からの学生グループがいました。彼らは訪問カリフォルニアの最初の日に私たちの学校に来て起こりました。全員が制服を着ていたので、一目でわかりました。アメリカの教育を体験するために私たちの学校に来る多くの外国人の学生がしばしばいますが、日本からの学生たちは初めてあるなので、とても楽しみにしていました。

異なる学年にいるので、私はクラスでそれらに会いませんでした。しかし、姉はもっと幸運で、彼女のクラスに一緒に勉強している日本人学生が6人いると聞きました。私の姉が入手した情報によると、彼らは東京の埼玉県から来ました。彼らの学校には、「花咲徳治高等学校」という特別な名前があります。彼らは男女共学であり、格好良い制服を持っています。

昼食時に、私はついに彼らに会う機会がありました。私は2人の女の子が静かに座っているのを見ました。率先して、一緒に座れるかどうか尋ねました。彼らは私に座るように頼んでとても喜んでいて、私たちはチャットを始めました。最初は、彼らは話すことを恐れており、静かで少しぎこちなかったです。どうやってコミュニケーションをとるかわかりませんでした。だから、私は非常に下手な日本語を使って「カリフォルニア州ウォルナットへようこそ。」と言いました。彼らはすべて驚きました。それ以来、私たちはおしゃべりを始めていました。私はできるだけ日本語を使おうとしていますが、恥ずかしがり屋で自信がありませんでした。最後に、それは英語と日本語の混合になりました。

私の隣に座っていたのはミナミさんで、私の向かいにはコトミさんが座っていました。 私たちはたくさん話しました。彼らは私が土曜日に学校に行かないようにうらやましいと言いました。または制服を着る必要はありません。好きなようにドレスアップすることなんでもできます。なのに、私は彼らが着る美しい制服を持っていることを非常にうらやましいです。土曜日に授業に行かなければならない場合の生活がどのようになるか想像できません。昼食の残りの時間に、私たちが話してい、それから、彼らは円形劇場に呼ばれました。ことを意味し、彼らが去ろうとしています、そして、私たちはお互いにインスタグラム (Instagram)を残しました。

私は次の数日、彼らがいくつかの有名な観光スポットに行ってきましたインスタグラム の中でを見てきました、そしてそれが日本に戻って行きました。私は、彼らが楽しい時間を過ごした願っています。その後、私は突然、思いました。ミナミさんは私がドレスアップしたいことは何でもできると言った、その日はキットカットチョコレートのふりをしていたからです。もしかして彼らは実際に誤解しましたか。ええ、その日はたまたまハロウィーンだったからです。
Japanese Students come to my School


On the day of Halloween, there were students from Japan who traveled to America. They happened to come to our school on their first day visiting California, and I happened to meet a few and became friends with them.

I was really excited that day because I have already been told beforehand that there would be Japanese students visiting our school that day. When I saw a group of people in a sort of uniform, I automatically assumed it was them. They have arrived at our school. The whole morning after I saw them I was anticipating to finally meet them in person and talk to them using my Japanese. I wanted to see if they would understand my Japanese and if I would be able to communicate with them using it.

When the time finally came for me to meet them, which was during my lunchtime, I became indecisive as to whom I should befriend, so I ended up walking to a table of quiet girls and tapped one of them on the shoulder. Her name was Minami. I asked her if I could sit with her during lunch and when she said yes, I happily sat down.

Sitting across from us was another girl, named Kotomi. I sat there quietly at first, then started laughing because of the awkward silence. They laughed along with me, and I started asking them questions. I started by asking them if they thought California was fun so far. They said they thought California was very interesting and fun. They even said they were surprised how we didn’t have to wear any school uniforms. Apparently, they have to wear their school uniforms every day from Monday to Saturday. I often wonder what if feels like to wear school uniforms, and seeing your teachers and classmates every day except for Sunday. We talked for the rest of lunch and they were called to the amphitheater. I said goodbye to them and only added Kotomi on Instagram since Minami didn’t have it.

I have been following up with their travel around Los Angeles, California, and they have been to a few famous places in Los Angeles. I hope they had fun and would remember me as a friend.