FF13 pt3

  •  
  • 276
  • 2
  • 3
Jan 30, 2010 18:22
日本語の文章は私のではありません。 英語の文章は私のです
私の英語の翻訳試すことを添削してくれたらうれしいです

Part 3
********************

もうひとつの反逆

平和な社会コクーンに暮らす人々は、脅威に満ちた未知なる大地ー 下界からの侵略を極度に恐れている
The peaceful inhabitants of Cocoon were terrified of the unpredicatable menace and invasion from the underworld.

コクーン内に下界の手先がたったひとりでも存在すれば、大衆は不安にかられて騒乱を起こし、社会の安定が崩れかねない
Even if there was just one limb from the underworld on Cocoon, the public would be anxious and stability would be threatened.

それゆえコクーンを治める聖府は、下界に毒された可能性のある人々すべてをコクーンから追放する、パージ政策を決定した
As a consequence the Holy Office decided that all people from the underworld who might pollute Cocoon should be banished, and so a new policy to purge Cocoon of those people was agreed.

たがパージを実施する聖府軍は、下界に移住させるはずの人々を無差別に攻撃している
However, the Holy Office Army began indiscriminately attacking those who should have been taken to the underworld.

パージの真の目的とは、追放ではなく殺戮ではないかーそう直感したスノウは、人々を守るために立ち上がった。
Was not the real purpose of the Purge a Massacre rather than just an exile? Snow, guessing at this arose to defend his people.

自由を求める若者たちの集団ノラを率いて、スノウは聖府軍に挑む
Leading a group of young freedom aspiring people called Nora, Snow challenged the High Army.

ありがとうございます!!