Difficult English sounds for the Japanese (part 4, oʊ/əʊ vs ɔː) 日本人にとって難しい英語の音 4

  •  
  • 1327
  • 4
  • 0
  • English 
Apr 25, 2011 20:19 pronunciation
I started this series with vowels simply because they are easier than consonants.
Today I would like to talk about the diphthong oʊ/əʊ in "go" and long vowel ɔː in "walk".

It is not so difficult for Japanese people to physically pronounce the diphthong oʊ/əʊ. However, they just don't know there is such a diphthong (school teachers in Japan just ignore it or they don't even know that this is a diphthong), so they tend to pronounce the long vowel ɔː instead. This is just a problem of English education.

American English and British English seem to use slightly different sounds for "go", and that's why there are two symbols for this diphthong; oʊ is used for American English, whereas əʊ is for British English. These sound like オーゥ or オウ. Don't forget to add "u" sound at the end.

In particular, the symbol əʊ is extremely confusing, since ə alone is used for schwa soundas well, but əʊ must be pronounced like オウ instead of アウ.

Most Japanese people know the word "go", "no", and "so". Then, how many of them actually know these words comprise the diphthong oʊ/əʊ? I guess they may be less than 1%. Vast majority of Japanese people remember them as ゴー, ノー, or ソー just like the long vowel ɔː in "walk".

So, "so" in Japan is more like "saw".
"No" is always "naw".
"Low" is often "law, or could be "row" or "raw".
"Cold" is "called".
"Close" is "clause".
"Bold" is "balled".
"Told" is like "talled"
Be careful!


[Series]

Difficult English sounds for the Japanese (part 1, ɜː) 日本人にとって難しい英語の音 1
http://lang-8.com/odon/journals/767720/

Difficult English sounds for the Japanese (part 2, ə) 日本人にとって難しい英語の音 2
http://lang-8.com/odon/journals/771492/

Difficult English sounds for the Japanese (part 3, æ, ʌ, ɑː) 日本人にとって難しい英語の音 3
http://lang-8.com/odon/journals/900693/

Difficult English sounds for the Japanese (part 4, oʊ/əʊ vs ɔː) 日本人にとって難しい英語の音 4
http://lang-8.com/odon/journals/902847/
このシリーズを母音から始めましたが、それは単に母音のほうが子音よりもまだ簡単だからです。今日は go の中に出てくる二重母音の oʊ/əʊ と、walk に含まれる長母音 ɔː についてお話ししたいと思います。

日本人にとって二重母音の oʊ/əʊ を物理的に発音することはそれほど難しくはありません。しかし、日本人はこんな二重母音が存在することを知りません(日本の学校の英語の先生はこれを無視しているか、そもそもこれが二重母音であることを知りません)。なので一般に、長母音 ɔː を代わりに発音する傾向があります。これは単に英語教育の問題ですね。

アメリカ英語とイギリス英語では微妙に違う音を go に使うようで、そのため二種類の記号がこの二重母音には使われています。oʊ はアメリカ英語で、əʊ はイギリス英語です。これらは「オーゥ」あるいは「オウ」というような音です。最後に「ウ」を添えることを忘れてはいけません。

とりわけ、əʊ という記号は非常に紛らわしいです。というのは ə 単独だとシュワー音「ア」を表すのに、əʊ は「アウ」ではなく「オウ」と発音しなければいけないからです。

たいていの日本人は go, no, so といった単語を知っています。それでは彼らのうちどれくらいの人が実際にこれらが二重母音 oʊ/əʊ でできていると知っているでしょうか?私は1パーセントもいないのではないかと推測します。大多数の人は、これらの単語を、walk の中の長母音 ɔː のように、「ゴー」「ノー」「ソー」と記憶しているのです。

気をつけてください。