Party English, that's a killer.

  •  
  • 864
  • 4
  • 2
  • English 
Apr 23, 2011 23:15
A Japanese guy claims that English proficiency can be classified into four levels. The lowest level is, rather surprisingly, English for business. The second is English for daily life.

I suppose native speakers of English might be slightly confused. Actually, I have been asked about this. "Isn't that difficult for you to use English in your work in science?" She thought my English skill might not be enough to do study in university in the UK. As a matter of fact, however, working in English is definitely easier than daily life in English. Because I already know technical terms in my field, the coverage of my vocabulary in work is much greater than that in conventional chatting. Also, once you learned, technical terms are easy to use. They usually have just one meaning. In contrast, very common verbs like "get" and "have" have hundreds of slightly different meanings. So the more topic is close to my expertise, the easier English conversation is for me.

Compared to English for work/study, using English in daily life is something like diving into the middle of an ocean from the sky. I cannot really expect what I am supposed to say in many different situations, since I've never experienced them in English-speaking life. Stereotypic "Hi!" and "How are you?" are of course not so difficult, but where to go afterwards? So I often end up with drowning and sinking rather than swimming towards the shore.

The third level is English for parties or drinking at the Pub. At this level, I have to be familiar with all the pop stars and musicians in the Western world. A broad range of vocabulary is required to understand wit, sarcasm and jokes. On top of that, hearing difficulty in the noisy place is just a pain. My ears are easily deafened. Parties and drinking are meant to be fun, but so far it is difficult for me to fully enjoy conversation at this level.

The highest level is English to enjoy novels and films. But I reckon the gap between the third and forth levels is not so much. It is the party/pub English that stands in front of me like a massive wall. To my surprise, many Europeans seem to easily and quickly master the third level. I have still no idea as to how European colleagues can understand what people are talking in the noisy pubs and parties. It seems that even after living in the UK for 15 or 20 years, the third level is still difficult for most Japanese people...


ある日本人男性が英語能力は4つの段階に分類可能だと主張しています。最初のレベルは、やや意外ですが、ビジネス英語、二番目が日常生活英語です。

英語のネイティブは少し混乱するかもしれません。実際、私はこれについて尋ねられたことがあります。「この国で英語で仕事をするのは難しくないの?」その女性は私の英語力が英国の大学で研究をするには物足りないと感じたのでしょう。しかし、実際のところ、英語で仕事をするのは英語で日常生活をこなすよりもはるかに簡単です。私は既に専門分野の用語に精通していますから、仕事における私の語彙力は、日常会話における語彙力よりもはるかに高いのです。また、一旦覚えてしまえば、専門用語というのは使うのが簡単です。多くの場合、ひとつの言葉がひとつの意味しか持っていません。一方、非常に一般的な動詞など、getやhaveなどは何百の微妙に異なった意味を持っています。話題が私の専門に近いほど、英会話は容易なのです。

仕事、研究における英語に比べると、日常生活で英語をしゃべるのは空から大洋へ飛び込むようなものです。多岐に渡る状況の中で、一体何を言えば良いのか、私にはうまく予測できません。というのも、そういった状況を英語をしゃべる生活の中で経験したことがないからです。型通りの Hi! や How are you? はもちろんそれほど難しくありませんが、その後いったいどこへ向かえばよいのでしょう?なので私は岸へ向かって泳いでいくよりもむしろ、溺れて沈んでいくことになる場合が多いです。

第三のレベルはパーティーまたはパブでの飲み会の英語です。このレベルでは、私は西洋社会の全てのポップスターや音楽家に精通していなければなりません。ウィットや皮肉、ジョークを理解するためには広大な範囲に渡る語彙が必要です。それに加えて、騒がしい場所での聴きとり能力の低下が痛々しい問題として立ちはだかります。私の耳は騒音があるととたんに聞こえなくなります。パーティーや飲み会は本来楽しみであるはずですが、今までのところ、私にとってはこのレベルの会話を存分に楽しむことは難しいと言わざるを得ません。

最高のレベルは小説や映画を楽しむための英語です。しかし私は、第三と第四のレベルの差は微々たるものではないかと思います。私の前に巨大な壁のように立ちはだかるのはパーティーとパブの英語です。私にとって驚くべきことに、多くのヨーロッパ人たちは容易にしかもあっという間にこの第三のレベルを習得するようです。今だに一体どうやってヨーロッパ人の同僚たちが騒々しいパブやパーティー会場で相手の言っている内容を理解できるのか、私にはまったく分かりません。イギリスに15年や20年暮らしていても、この第三のレベルはたいていの日本人にとっては難しいままのようです。


The image is taken from
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20110418-00000001-president-column