Mobile Suite Z Gundam '機動戦士Zガンダム' 1985

  •  
  • 1464
  • 5
  • 1
  • English 
Jul 25, 2012 06:11
Mobile Suite Z Gundam '機動戦士Zガンダム' is the direct sequel of the legendary animation, Mobile Suite Gundam '機動戦士ガンダム'. Z Gundam was broadcast from 1985 to 1986, six years after the broadcast of the original series.

The Z Gundam were directed by Yoshiyuki Tomino, 富野由悠季, who directed the original series as well. He was born in 1941, when another famous animation director Hayao Miyazaki 宮崎駿 was born. Ninety forty one may be a special year for the history of the Japanese animation.

I watched some episodes when it was first broadcast. I didn't like it very much. I remember I didn't like main characters.

However, the original Gundam was so exciting that I naturally became interested in Z Gundam. I watched it. Halfway through the 50 episodes, I quit. The sequel was a totally different thing from the original despite the fact that it was directed by the same guy.

If you're a keen fan of Z Gundam, I'm sorry. But I can't praise something mediocre... so just stop reading here.

What happened during 6 years' interval then?

First, the designs of the 'mobile suits' (robots) became more complicated. The new 'mobile suits' may be more stylish and sleeker than ones in the original. However, the movement of the 'mobile suits' became much faster and lighter, which in turn resulted in the lack of gravity and solemnity. For me, they looked less 'real'.

Second, in a stark contrast to the advancement in mechanical details, description of characters' minds and hearts was a lot poorer. The lines in the drama were mostly explanatory, sounded like trying to make up for the lack of the emotional flow in the characters. I couldn't feel any sympathy to any of them. Voice acting was extremely flat, even though many voice actors in the original series participated in the sequel. I noticed typical 'anime voice' (アニメ声) acting, i.e. high-pitched unnatural voicing which became common in anime in 1990's onwards. I never liked it.

Third, the story itself seemed a little dull.

In short, Z Gundam has got sleeker machines, much poorer human emotions, and a lax story. Thus, it was much 'weaker' than the original series.

It was almost unbelievable that it was made only 6 years after the original; Z Gundam must have been made by discontinued, much younger generation of artists. Yes, what I saw between the two series was a generation gap. The new team was good at drawing machines, but couldn't draw lively human beings very well. Z Gundam perhaps heralded the arrival of anime otaku culture due in 1990's...
「機動戦士Zガンダム」は伝説的なアニメ「機動戦士ガンダム」の直接の続編です。Zガンダムは1985年から1986年にかけて、元祖ガンダムの放映の6年後に放映されました。

Zガンダムは富野由悠季によって監督されました。この人は元祖ガンダムの監督でもあります。彼は1941年に生まれていますが、同じ年にもう一人の有名なアニメーション監督宮崎駿も生まれています。1941年は日本のアニメの歴史にとって特別な年だったようです。

最初に放映されたときに何話か見ていましたが、あまり好きにはなりませんでした。主要登場人物が好きではなかったのを覚えています。

しかし、元祖ガンダムがあまりにもワクワクする出来だったので、自然とZガンダムへと関心が湧いて来ました。Zガンダムを見ました。全50話の途中で、見るのをやめました。この続編は元祖とはまったく別物でした。同じ監督が作ったにもかかわらず。

もしあなたがZガンダムの熱心なファンならごめんなさい。でもぱっとしない出来の物を褒めることはできません。ここで読むのをやめてもらったほうがいいです。

さて6年の間にいったい何が起こったのでしょう?

第一に、モビルスーツ(ロボット)のデザインはより複雑になりました。新しいモビルスーツは元祖ガンダムのものより洗練されていてピカピカかもしれません。しかし、このモビルスーツの動きはずっと高速化し軽いものになり、結果として重量感と迫力が失われました。私にとっては現実味が薄れたように感じられました。

第二に、機械の細部の進化と鮮やかな対比となるのは、人物の心理描写が遙かに貧しかったことです。劇中のセリフはほとんどが説明的で、あたかも登場人物の感情の動きの欠如を補おうとしているようでした。登場人物の一人にも共感できませんでした。前作の声優陣の多くが参加しているにもかかわらず、声優の演技は極端に平坦でした。典型的な「アニメ声」の演技も見受けられました。アニメ声というのは1990年代以降のアニメで一般的になったキンキン声の不自然な発声です。私は好きだと思ったことは一度もありません。

第三に、物語自体がちょっと退屈でした。

まとめると、Zガンダムはよりピカピカの機械、ずっと貧弱な人間感情、たるんだ物語を持っていました。つまり、前作よりもずっと「弱々しい」ものでした。

元祖ガンダムからたった6年後に作られたというのはほとんど信じがたいことでした。Zガンダムは、断続した、ずっと若い芸術家集団によって作られたとしか思えません。そう、私がふたつのガンダムシリーズの間に見たのは世代間格差でした。新しい制作陣は機械を描くのは上手でしたが、生き生きした人間を描くのは苦手でした。Zガンダムはひょっとしたら1990年代にやってくるアニメオタク文化の前触れだったのかもしれません。