My first impression of Japan after three years in the UK (5)

  •  
  • 1117
  • 1
  • 1
  • English 
Jul 22, 2012 23:08
(previous)
http://lang-8.com/odon/journals/1591327/

I wrote about my negative impression about the modern Japanese architecture and people. I was quite depressed by them throughout the trip, actually, and perhaps still I am. I'm frustrated, because I love my country.

In part, this experience was similar to watching news about the tsunami and nuclear power stations on BBC in the UK. For me it was to see my country being destructed while I'm away. In other words, it was like my root being undermined while I couldn't do anything. I felt the same sort of feeling when the screening process '事業仕分け' was carried out by the government in 2010. These two events were indeed upsetting.

This time, it was to see that my root, i.e. the Japanese culture, has actually been undermined over a century. To be fair, because I don't know how it was like 100 years ago, I can't really tell if it has changed, but I just felt in that way. It was the discontinuity in inheritance of culture that worries me. In addition, the change doesn't seem to be globalization, either.

In an old photo album in my parent's home, I found a picture of myself in my childhood with my grandparents about 30 years ago. The grandparents naturally wore traditional kimono. We were in a garden of their traditional style house in Kyoto. After seeing all above in Japan, my granddad and grandma in kimono in front of the old house 30 years ago looked extremely convincing and gorgeous. They were probably the best looking Japanese people I found during the trip.

I vaguely remember that at that time people took it for granted that grandparents wore kimono, lived in traditional houses and ate traditional cuisine. Now the generations who grew up before the war have gone, all the traditional standards have gone together. These days elder people, like my parents, prefer to wear T-shirts and trousers.

Was that change good? I'm really not sure.

(next)
http://lang-8.com/odon/journals/1593806/
日本の現代建築と人々について私の否定的な印象を述べさせて頂きました。実際のところ、旅の間中、これらのせいで私は気分が落ち込みましたし、おそらく今もまだ落ち込んでいます。自分の国を愛しているからこそ、悔しいのです。

この経験は、イギリスでBBCニュースの中で津波と原発について見るのと似ています。私にとってはあの事件は自分の国が壊されていくのを遠くからただ見ていることでした。つまり、何もできずにいるまま私自身の根っこがグラグラにされていくようなものです。似たような感じは民主党政権が2010年に事業仕分けを行った時にも感じました。この2つの事件はとても不安なものでした。

今回のは、私の根っこ、すなわち日本文化が実際に一世紀の間にグラグラになってきているのを見て確認するものでした。公正を期すなら、私は100年前の日本だどうだったか知りませんから、本当はこれが変化したのかどうか私には言えないはずですが、私はただそのように感じました。文化の継承における断絶、これが私を不安にさせるものです。加えて、この変化は国際化というわけでもないようです。

両親の家の古いアルバムの中に、約30年前の少年時代の自分自身と祖父母が写った写真がありました。祖父母はごく自然に着物を着ていました。私たちは彼らの古い家の庭にいました。これまで書いてきたすべてを見た後で、着物を着て古い家の前に佇む祖父母の姿はもっとも確信に満ちた、立派な姿に見えました。旅の間で目にした日本人で最も見栄えのよかったのはたぶん彼らです。

かすかな記憶ですが、当時、人々は祖父母が着物を着て、古い家に住んで、和食を食べるということを当然だと見なしていました。現在では戦前に育った世代は死んで行き、それと共に伝統的な規範も消えて行きました。今日の老人たちは、私の両親も含まれますが、Tシャツとズボンのほうをより好むようです。

この変化はよいものだったのでしょうか?私にはまったく分かりません。