My first impression of Japan after three years in the UK (3)

  •  
  • 1135
  • 4
  • 2
  • English 
Jul 22, 2012 06:30
(previous)
http://lang-8.com/odon/journals/1590672/


I wrote about how I was disappointed of modern Japanese architecture. I felt in this way because I spent three years in Oxford, one of the nicest place in the UK. My colleague told me that if I had been in Coventry or somewhere (sorry, my friends in Coventry!), my experience in Japan could have been different. But I'm not sure. Modern British houses have their 'style' in general and I think there is a good continuation from the Victorian Era.

I actually found 'grey colour' not only in architecture but also people in Japan, which was rather unexpected. This time, I wasn't sure if the 'grey' is derived from actual colours of clothes. At least, young people tend wear something colourful. It could again be from noises.

But what struck me most was people's 'postures.' Japanese people are generally by one head or two shorter than British people. Their legs are relatively shorter than British people. However, sizes don't matter too much. To my eyes, Japanese people stood more feebly than British people somehow. I can often see strong springs in the way British people walk, but those spring was absent from Japanese people. They walk a little slower and unstably than British people.

To be fair, I cannot just say bad things about other Japanese people, because I know my way of walking isn't the best way. However, apart from myself, as a whole, British people looked more powerful and energetic than Japanese people.

Perhaps, people on Japanese commuter trains might be indeed exhausted. Japanese 'salary men' (workers in companies) often have to work till quite late. Most of them cannot go home at 6 o'clock. I actually found and read two books about how you can go home at 6 o;clock in Japan. The existence of such books eloquently tells you how difficult it is to do.

Their a little awkward postures and fatigue might have made me think that they were 'grey' people.

(next)
http://lang-8.com/odon/journals/1591327/
現代の日本の建築にどれだけ私ががっかりしたかについて書きました。私がこのように感じたのは、私がオックスフォード、イギリスで最高の場所のひとつで3年間を過ごしたからです。同僚は、もし私がコヴェントリかどこかにいたなら(コヴェントリの友人よ、すまん)、私の日本での体験は違っていたんじゃないの、と言いました。でも私には分かりません。現代のイギリスの家には一般的に「様式」が認められ、私にはヴィクトリア朝からの連続性があるように思えます。

実は私が「灰色」を感じたのは建築だけではなく、日本人に対しても同様でした。これはやや意外でした。これについては、この「灰色」が実際の服の色から着ているのかどうかはっきり分かりません。少なくとも若い人達はカラフルな服を着ています。「灰色」は建築の時と同様、ノイズから生じているのかもしれません。

しかしもっと印象的だったのは、人々の「姿勢」でした。日本人は一般に頭ひとつかふたつ分イギリスよりも背が低く、日本人の足はイギリス人よりも相対的に短いです。でもこうした寸法はあまり問題ではありません。私の目には、どういうわけか日本人はイギリス人よりも弱々しく立っているように映りました。イギリス人の歩き方には力強いバネを見出すことができることが多いのですが、この種のバネは日本人にはありませんでした。日本人はイギリス人よりも少し遅く、不安定に歩きます。

公正を期すなら、私は自分の歩き方があまり良くないことを知っているので、他の日本人について悪口が言える立場にはないでしょう。ただ、自分を棚に上げて、全体的に言うなら、イギリス人のほうが力強く生命エネルギーに溢れているように見えました。

日本の通勤電車に乗っている人たちは、実際にクタクタに疲れているのかもしれません。日本の「サラリーマン」は夜遅くまで働かなければならないことが多いのです。多くの人は午後6時に家に帰ることができません。私は午後6時に家に帰る方法という本を2冊見つけて読みましたが、こんな本が存在すること自体、それがいかに難しいかを雄弁に物語っています。

ちょっと不恰好な姿勢と疲労が日本人を「灰色」だと感じさせたのかもしれません。