My first impression of Japan after three years in the UK (1)

  •  
  • 1613
  • 5
  • 2
  • English 
Jul 22, 2012 02:03 noodles
Long time no see. I stopped posting entries on Lang-8 in autumn when I started writing a paper in English. I think I was fed up with English writing then.

Today, I'd like to share my experience back in Japan for the first time since I left the country almost three years ago. It was not simple, actually. If you've never been to Japan and are now dreaming to visit there, you might be disappointed to read my essay. However, the impression would be quite different if you come from the Western world or other regions to Japan for the first time. Because you don't know much about Japan yet, and everything may look different and exciting. So maybe you don't have to worry too much.


The purpose of the trip was to show my 6 months-old son to his grandparents. Evidently, the grandparents showed sheer delight when they met him. The effect was totally phenomenal. I felt like we lit a light in my parents home for the first time in 20 years or something. Everything looked brighter and shinier. Baby seems to be special being for grandparents.

Also, I think, baby has time-machine-like function for us. When you look at your baby or your grandson/granddaughter, you'll naturally think about time when baby's parents were babies or babies' grandparents were babies. Then you'll probably open old photo albums for those ex-babies. Thus you can travel to 30 years ago and 60 years ago at once. This is also fun.

During the stay, I enjoyed lots of Japanese cuisine, such as genuine sushi, genuine ramen noodles, real tempura, real zarusoba, and unagi no seiromushi. They were all fantastic. I haven't got a serious problem with notorious British cuisine and I've actually found them quite nice. Nevertheless real Japanese foods tasted wonderful. Regrettably, perhaps because I was too excited, and because I was so tired, my stomach stopped working at the middle of the itinerary. So I could not fully enjoy all the meals in Japan. You've got be careful not to eat too much, you know.

(next)
http://lang-8.com/odon/journals/1590672/

お久しぶりです。昨秋から書くのをやめていましたが、その頃、私は英語で論文を書いていたので、英語で書くということにうんざりしていました。

今日は、ほぼ3年前に国を出てから、私が初めて日本へ戻ったときの体験を皆さんにお話ししたいと思います。実は、単純な話ではありませんでした。もしも、あなたがまだ一度も日本を訪れたことがなく、今日本へ行くことを夢見ているとしたら、私の記事を読んでがっかりされるかもしれません。しかし、西洋社会や他の地域から初めて日本へ来る場合は、日本に対して抱く印象は相当違ったものになるはずです。まだ日本についてほとんど知らない訳ですから、すべてが新しく、ワクワクするものに見えるかもしれません。あまり心配する必要はないのではないかと思います。

私の旅の目的は、6ヶ月になる息子を、彼の祖父母に会わせることでした。孫と対面したとき、祖父母達はまじりっけのない喜びをはっきりと見せました。効果は目覚ましいものでした。私は実家に20年間で初めて電気が点いたかのように感じました。なにもかもが明るく、より輝いて見えました。赤ん坊というのは祖父母に取っては特別な存在のようです。

また、赤ん坊というのは、タイムマシンのような機能もあるようです。自分の赤ちゃん、あるいは孫を見るとき、自然とその子の親、または祖父母の赤ちゃんの頃について思いを馳せるでしょう。するとかつての赤ん坊の写真の載った古いアルバムを開くことになるでしょう。そして30年や60年という歳月をいとも簡単に飛び越えることができます。これは楽しいものです。

滞在中、たくさんの日本食を楽しみました。本物の寿司、本物のラーメン、真の天ぷら、真のざるそば、そして鰻のせいろ(蒸篭)蒸しなどです。どれも素晴らしかった。悪名高いイギリス料理にも大した問題を感じたことはないですし、むしろイギリス料理が好きです。とはいっても、本物の日本料理は格別でした。惜しむらくは、興奮しすぎたせい、そして疲れすぎたせいで、日程の途中で胃が機能停止したことです。なのですべてのご飯を満喫できたわけではありません。食べ過ぎには気をつけないといけません。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app