My first English presentation - two funny experiences

  •  
  • 1094
  • 1
  • 1
  • English 
Nov 26, 2011 20:04
It was already 6 years ago when I gave a presentation of my study in English. Technically, I gave a 10 min presentation 10 years ago, but the scale and importance were totally different. My presentation 6 years ago was part of my unofficial job interview. I hadn't decided at that time, but if my presentation went well and I was happy with the new place, I were to move to there.

It was probably 45 min for my presentation and 15 min for questions from audience. Can you imagine what giving a presentation about whole your work in a foreign language for the first time is like? It was difficult.

I prepared PowerPoint slides and wrote a script for my speech. Day after day I practised the presentation. I was able to compose sentences for papers, but my English writing at that time was more like writing a computer language. Basically, my brain was not able to process grammar, pronunciation and message at the same time. So there was no hope in ad lib speech. I tried to remember all the sentences and all the words in the script. Finally, it turned out to be very difficult to remember the whole 45 min speech. I gave up. Although I knew it's not ideal, I decided to read the script in my presentation.

On the day of my presentation, I put an effort to speak out loud. No matter how bad my English pronunciation was, the audience can physically hear the sound of my voice; that's the plan.

While I was reading the script, I also tried to look into audience's faces instead of hiding myself at the back of the pieces of paper. Now I didn't have to worry about grammar, so I concentrated on the pronunciation. Then, a funny thing happened.

Although I was reading in a loud voice and the audience was seriously listening to my talk, I found that I couldn't tell what I was talking about. It was like empty words coming out of my mouth without having a sense. And the audience was listening to those empty words... My brain was not able to process pronunciation and sense at the same time.

In the end, my presentation finished and the audience seemed to understand what I told despite the fact that I couldn't follow my own story. Then, the paper was open for discussion. I couldn't rely on my script any more. A couple of people asked me questions, including pretty good ones. To my relief, I was able to understand most of their questions. About half of the audience was Japanese, but they spoke in English. Probably because they had a Japanese accent, it might be easier.

I was about to answer the questions. Then, another funny thing happened to me. This time, although I knew what I wanted to say, I couldn't speak in English. I felt my mouth and tongue didn't move well. In fact, my mouth and tongue were too slow compared to the speed I would like to speak. Every time I wanted to say something, my mind was ahead, while my tongue was far behind. I had never experienced a gap like that. Compared to my English speech at that time, it was a lot clumsier and more stuttering.

Later, it tuned out that my reading during the 45 min PowerPoint presentation reset my internal tempo of English. Although I was only able to speak English at 15 km/h (~9 miles/h), during the reading I spoke at 40 km/h (25 miles/h). My brain became used to the new comfortable speed during the reading. Then, when I was to answer the questions, I tried to drive myself at 40 km/h instead of 15 km/h, resulting in a complete disaster!

Well, it was a good experience after all. I decided no to work there, so it didn't matter very much.^^



私の最初の英語プレゼンテーション---2つの奇妙な体験

私が自分の研究を英語で初めて発表したのはすでに6年前の事になる。正確には、10分間の発表を10年前に行なっているが、規模と重要性が全く異なっていた。6年前の発表は非公式の就職面接の一環だった。そのときまだ決めていなかったが、もし発表がうまく行って、新しい場所に満足だったら、そこへ異動するところだった。

たしか45分間の発表と15分の質疑応答だったように思う。自分の全仕事について外国語で初めて発表することがどんなものか想像ができるだろうか。

パワーポイントのスライドを準備し話す内容の原稿を書いた。来る日も来る日も発表を練習した。論文のために作文をすることはできたが、当時の私の英語の作文はコンピュータ言語で書いているような物だった。つまり、文法と発音と内容を同時に処理するのは私の脳には無理だった。したがって出たとこ勝負でしゃべるなんていうことはまったく望み薄だった。原稿のすべての文とすべての単語を覚えようとしたが、45分間の話のすべてを暗記するのはとても難しいということがわかった。私は諦めた。理想的ではないが、発表は原稿を読んで対処することに決めた。

発表の日、私は大声で話すように努めた。私の英語の発音がどれだけ悪かろうとも、聴衆は物理的に私の声を聞かされることになる。それが計画だった。

原稿を読み上げている間、紙切れの後ろに隠れる代わりに、聴衆の顔を覗きこむように努めた。もう文法の心配はしなくてよいので、発音に神経を集中させることができる。そして、奇妙なことが起こった。

大声を張り上げて読み上げており、聴衆は真剣に私の話に聞き入っていたが、気がつくと私は自分が何をしゃべっているのか分からなくなっていた。無意味な空っぽの言葉が自分の口から出てくるような感じだった。そして聴衆はその空っぽの言葉に聞き入っている。私の脳は発音と意味とを同時に処理することができなかった。

とうとう、私の発表は終了し、私自身が自分の話についていくことができなかったにもかかわらず、聴衆は私の言ったことを理解したように見えた。それから質疑応答になった。もう原稿に頼ることはできない。何人かが私に質問をした。中にはとてもよい物もあった。ほっとしたことに、私はほとんどの質問を理解することができた。聴衆の半分は日本人だったが彼らは英語を話した。日本語アクセントの英語だったので理解しやすかったのかもしれない。

私は質問に答えようとしていた。そのとき、もうひとつの奇妙なことが起こった。今度は、自分が何を言いたいかは分かっているのに、英語で話すことができなかった。私の口と舌がうまく動かないように感じた。実際、口と舌の動きは私の話したい速度よりも遅すぎた。私が何か言おうとするたび、心が先に行き、舌はずっと置いてきぼりになった。こんなズレは経験したことがなかった。当時の私の英語力からしても、ずっと下手くそでどもりまくりの英語だった。

後になって、45分間のパワーポイントの発表が、私の内的な英語テンポを改変してしまったと気づいた。時速15キロでしか英語で話せないのに、読み上げ中は時速40キロでしゃべっていた。原稿を読んでいる間に私の脳は新しい快適な速度に慣れてしまったのだ。そのとき、私は質問に答えるべく、時速15キロではなく40キロで暴走して、大混乱に陥ったのだ!

最終的にはとてもよい経験になった。私はそこで働かないことに決めたので、これもどうでもよくなったのだ。