To all who will be die someday

  •  
  • 629
  • 4
  • 1
  • English 
Feb 19, 2016 23:04
This morning, in a senior care center where I am working as temporary stuff, I opened the door and said good morning to the elder lady who I got her response when I did it two days ago was just laying down, clothing her eyes, and hardly breathing. I knew it immediately that her life time is going to finish pretty soon. Again....How many times I have experienced the same situation, and each time I think that life is dramatic. It has been more than 30 years since I started to think about life and death. It has been more than ten years since I started to think about my life and death. I am sure that I will die someday. I started to walk toward my death when I was born. About 10 years ago, I thought again and again how I would like to be when I die. Until few years ago, I was thinking that I would like to alive until 130 years old, but now I don't really care about length of my life. Instead, I care more about how I use my lifetime for myself and others. How do you think?
今朝、派遣社員として通っている老人施設の女性利用者さんの部屋のドアを開け、「おはようございます」と女性に声をかけた。ところが、二日前元気に返答してきた女性は今朝は、ただベッドに横たわり目をつむったままとても浅い呼吸をしていた。私は、彼女の命の終わりが近づいていることを瞬時に察した。又だ。二日前にはあんなに元気だったのに。


何度同じ光景を見てきたことだろう。その度に人の命はある日突然予告なく終わることがあると勉強させられる。

生死について考えるようになって30年以上になる。それを自分の人生と重ねるようになって10年以上になる。私もいつか死を迎える。私は死に向かって歩いている。
それは生まれた時にすでに始まっているのだ。

10年前、私は自分は死ぬときどのようでありたいかについて何度も考えた。少し前、私は130歳まで生きたいと思っていた。今は、実はその長さにはそれほどこだわりがない。それよりも、死ぬまで生きている自分の時間を自分のために、それから他者のために、よりよく使いたいと思うようになり、そのように心がけるようになった。

あなたはどう思う?