What I remember when I remember Sakhalin

  •  
  • 982
  • 0
  • 1
  • English 
Apr 3, 2013 14:29 Sakhalin Russia Travel Train Time-difference
(I'm afraid my Japanese to English translation has many mistakes in grammar and phrases.)
(Please don't hesitate to point out my mistakes, even if there is only one, so that I can improve my English.)
(The original text was written by Yuji Shimokawa in Japanese and was in the March 2013 issue of "Tabi To Tetsudou (travel and train)".)

Tickets of the train which we were going to get on in Sakhalin should have reached the hotel at Yuzhno-Sakhalinsk.
Russia is very strict about the issuance of visas.
After tickets of trains are fixed up and all payments of hotel charges are made to bank account, visas are issued at last.
Tickets to be used in the field are often handed at a station or a hotel because of such a reason.
It had already got dark when we arrived at the hotel.
Our tickets had reached the front desk of the hotel as promised.
Since they were written in Russian Cyrillic, we were hardly able to read them.
However, we understood only the part of the number.
A staff of the hotel checked the tickets.
"The departure time of the train is 4:50 on the tomorrow morning".
"......?"
We had been told in Japan that the departure time is 11:50 a.m.
Likewise, it was written on the English guide book attached to the tickets.
"But, the tickets must be correct".
We decided to go to the station and confirm the departure time.
All of the hotel staff were kind.
The Sakhalin railway had reduced the number of trains to run enough to make us feel lonely.
Only three long-distance trains going north in the east coast ran per day.
We had planned to take a train from Yuzhno-Sakhalinsk to Timovsk, called 967.
We went into the station building.
It was deserted.
A guard was standing there, looking bored.
When we looked at the bulletin board on which a train time had been put up, it rang a bell.
"Moscow time".
The employees of the hotel and we looked at each other.
In large country Russia, there are time-zone differences inside the country.
The time difference between Moscow and the Far East is 7 hours.
The railway track raid on the island called Sakhalin is not connected with the rail track leading to the Eurasian Continent.
People are living in conformity to the Far East time.
However, the service schedule of the train was put to Moscow time.
(私の和文英訳の文には、あまりにも多くの文法的誤りや不自然な言い回しがあるのではないかと思います。)
(どうか、私が英語能力を向上させるため、ほんの一箇所でもいいので、ためらわずに間違いを指摘してくださるとうれしいです。)
(このテキストのオリジナルは下川裕治によって日本語で書かれ、『旅と鉄道』誌2013年3月号に掲載されたものです。)

サハリンで乗る列車のきっぷは、ユジノサハリンスクのホテルに届いているはずだった。
ロシアのビザは厳しい。
列車のきっぷが手配され、ホテル代もすべて振り込んでから、ようやく発給される。
そのため、現地でのチケットは、駅やホテルで手渡されることが多い。
ホテルに着いたとき、すでに日は暮れていた。
フロントには、約束通り、きっぷは届いていた。
文字はロシアのキリル文字だから、ほとんど読めない。
しかし数字の部分だけはわかる。
ホテルのスタッフがきっぷを確認した。
「列車は明日の朝の4時50分」
「……?」
日本で聞かされていたのは午前11時50分発だった。
きっぷの添えられている英文の案内にもそう書かれていた。
「でもきっぷのほうが正しいはず」
皆で駅まで行ってみることになった。
親切なスタッフたちだった。
サハリンの鉄道は、寂しいほどに本数を減らしていた。
東海岸を北上する長距離列車は、1日に3本しかない。
僕らはユジノサハリンスクからティモフスクに向かう967番という列車に乗るつもりだった。
駅舎に入った。
閑散としていた。
警備員が暇そうに立っている。
発車時刻を記した掲示板を眺めた。
ピンときた。
「モスコー夕イム」
ホテルスタッフと顔を見合わせた。
大国ロシアは、国内に時差がある。
モスクワと極東では7時間違う。
サハリンという島に敷かれた線路は、ユーラシア大陸に延びる線路とはつながっていない。
人々は極東時間で暮らしている。
しかし列車の運行スケジュールは、モスクワの時間に合わせられていた。