Journal
 
 
Photo Album

Anya's entry (441)

Post an entry now!
Anya

「いのちの記憶」

A sound stops around my chest as I walk among a serene green field full of life. のどかで青々とした草原を歩きながら胸に近くある音が止まる。 Time ceased then on th...
  •  
  • 988
  • 23
  • 5
  • Japanese 
Feb 21, 2014 02:08
Anya

「ほんとのきもち」

As I walk aimlessly among the streets words from strangers purposely enter my seemingly open ears. ぶらぶら路を歩きながら知らない人の言葉はわざと僕の耳にします。 W...
  •  
  • 1021
  • 8
  • 4
  • Japanese 
Feb 16, 2014 05:39
Anya

「В мгновение ока в моем сердце появилась ярость, все из-за пофигизма!」

Я заметила что с тех пор как я переехала в Москве во моем характере появилось немного пофигизма. Мне всегда казалось, что пофигизм - это ...
  •  
  • 567
  • 2
  • 5
  • Russian 
Feb 15, 2014 01:16
Anya

「Как стать человеком・人間になる方法」

Мы рождаемся человеком, но только становимся личностью. Благодаря социализации и адаптации человек может преобразоваться и приобрести нео...
  •  
  • 667
  • 1
  • 4
  • Russian 
Feb 14, 2014 22:02
Anya

「睡蓮の最後の舞踏会」

On a serene misty morning a tiny water lily gently swims in the transparent pond. 清らかな霧の深い朝で、とても小さい睡蓮は透明な池へ音も立てずに泳いでいる。 A pure perfu...
  •  
  • 655
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Feb 13, 2014 02:03
Anya

「沈黙も音楽であるんだよ」

"Hey Anya, all you do is listen to music all day long. How about actually focusing on the lesson already?" 「ねぇ、アーニャ。君はいつも音楽を聴い...
  •  
  • 846
  • 3
  • 8
  • Japanese 
Feb 5, 2014 01:18
Anya

「なんて意味のない、この暮らしさ」

ほとんどの人は大人になると、子供の時の夢を捨ててると思います。 I think that many people abandon the dreams they once had as children once they become adults. その人は意...
  •  
  • 1012
  • 4
  • 8
  • Japanese 
Feb 5, 2014 00:06
Anya

「自鳴琴の朧げな記憶」

On an idle midsummer day warm watercolour sunshine enters a pale room filled with only a Victorian mirror and a vintage chocolate coloure...
  •  
  • 895
  • 23
  • 8
  • Japanese 
Feb 3, 2014 08:35
Anya

「小芥子の永久の夢」

The kokeshi dreamed of being with her owner for eternity. 小芥子は永遠にご主人様と一緒にいるという夢がありました。 But the kokeshi was getting worn-out; fragmen...
  •  
  • 1042
  • 0
  • 6
  • Japanese 
Feb 1, 2014 06:09
Anya

「息を飲むほど美しい、極小世界の雪片の奇麗な構造。万物のアルゴリズムは・・・」

最近いっぱい雪が降りました。 私の窓から雪が舞って、まるでSNOWGLOBEのように見えます。 気温がかなり下がりました。 もう-25度になってきました。 These days quite a lot of snow has fallen. From my ...
  •  
  • 789
  • 0
  • 4
  • Japanese 
Jan 21, 2014 07:28
Anya

「誰も知らない物語を語っている幽霊」

Before I fall into deep sleep tonight, this ghost will try writing a rough draft of a story. 今晩、爆睡する前にこの幽霊は物語の下書きを書いてみたいです。 Maybe som...
  •  
  • 555
  • 1
  • 5
  • Japanese 
Jan 16, 2014 04:54
Anya

「私達の愛の形は変わっても、君の笑顔は私達の恋を照らされる」

As I look up at the sky I realize that we have spent many days together. 空を見上げると、私達は一緒に多くの日数を過ごしたと気付いている。 I feel that as time goes b...
  •  
  • 845
  • 1
  • 7
  • Japanese 
Jan 4, 2014 06:02
Anya

「Бизнес Бизнес Бизнес」

Сегодня я прочитала следующую цитату М.Амстердама - «Бизнес — искусство извлекать деньги из кармана другого человека, не прибегая к наси...
  •  
  • 619
  • 9
  • 5
  • Russian 
Jan 3, 2014 04:59
Anya

「何もかも繰り返す、言霊が胸に響いている」

たまに人は最も好きな日本語の言葉は何ですかという質問をします。 Sometimes people ask what my favorite Japanese word is. 普通に私の答えは、「繰り返す」です。 My answer to that is usu...
  •  
  • 741
  • 12
  • 6
  • Japanese 
Jan 2, 2014 00:32
Anya

「幸せな家族の純粋な音、未来への扉が開けながら過去への扉が閉じました」

昨日私は家族と一緒に新年を祝いました。両親は旅行したかったけれど結局その旅行がなかったです。 昨日私は戻った時、両親は凄く嬉しくなって、クリスマスツリーの下で私へのプレゼントはたくさんあると楽しそうに教えてくれました。 クリスマスツリーの側に棚の上で食べ物の山を見ててち...
  •  
  • 807
  • 20
  • 6
  • Japanese 
Jan 2, 2014 00:09
Anya

「色のない花畑は咲いてる」

爽やかな風が吹きながら、 色のない花畑が咲いてる。 As a fresh wind blows by, the colorless flowerbed blooms. 遥かに虹が生まれつつある。 近づくに来て頭を上がってる。 Far off a rainbo...
  •  
  • 723
  • 1
  • 6
  • Japanese 
Dec 25, 2013 20:18
Anya

「自殺者1万人を救う戦い」

http://www.youtube.com/watch?v=oo0SHLxc2d0 前に日本の自殺についての記事を読んでいました。 Before I read a news article about suicide in Japan. この社会の問題は幾つ...
  •  
  • 686
  • 1
  • 8
  • Japanese 
Dec 23, 2013 17:53
Anya

「もう、放ってくれ。君の板に押しつけられた死んだ蝶になりたくないんだ」

Lately I have wondered about the difference between a fan and a stalker. この頃ファンとスターカーの違いについて考えました。 A fan is someone who is intereste...
  •  
  • 966
  • 2
  • 6
  • Japanese 
Dec 21, 2013 19:36
Anya

「答え」

私はまだ19歳です。 I am still 19 years old. 甘すぎて人生経験が足りないです。 I lack life experience and am naive. いつも周りの人は私よりもっと狡いと思いました。 I always felt...
  •  
  • 873
  • 18
  • 6
  • Japanese 
Dec 19, 2013 18:49
Anya

「いつか、小説を書きたいんですが・・・」

One day I would like to write a novel. In my head I always have many stories since my imagination is quite wild sometimes. These past few...
  •  
  • 872
  • 1
  • 4
  • Japanese 
Dec 18, 2013 05:18