『届いた』

  •  
  • 903
  • 24
  • 6
  • Japanese 
Apr 6, 2013 05:54
ある時、小さい部屋で小さな女の子の幽霊がいました。出口がない小さい鳥かごにいるような感じがしました。それは本当でした、部屋はドアがなかったので。永遠にここでいます。
Once upon a time a little girl ghost existed in a small white room. She always felt that it was as if she was trapped in a small bird cage which had no exit. And it was true, for the room had no door. She was to remain in that place forever.

彼女の言葉は誰でも届いてなかったから、すべての希望を失いました。そのため、彼女はただ床に横になれて、天井に凝視しました。
She had lost all hope, for none of her words would reach anyone. So she just laid on the floor and stared at the ceiling.

だけど、彼女はその時に気づきました。
各部の部屋は黒くなってきました。
But then, she noticed something.
Parts of the room were turning black.

早く起きてしまって、心底から防ぎました。希望が増えて、そしてもう一度、部屋は白くなりました。この希望のおかげで部屋は白いでした。(Can I somehow use ままである here..?)
She then quickly got up and did everything she could to prevent it. Her hope increased, and eventually the room turned white again. The hope remained inside of her and kept the room white.

徐々に、この希望は花ような咲いていました。彼女の中で萌えました。奇跡は生まれました。その時にドアが現れました。まだ弱かったから、開けることができなかった。だからもっと強くなろうと、もっと勇気を勇気を出してもらおう。
Over time the hope she had grew like a flower. It then sprouted from within her; a miracle was born. Now there was a door for her to exit from. She could not yet open it though, for she lacked the strength. So she tried to become stronger and braver.

二度目で、開けることができました。
Once she gave it a second try, it opened.

ついに彼女の声は誰かに届けました。
And her voice finally reached someone.