『素朴な喜び・Simple Pleasures』

  •  
  • 965
  • 28
  • 7
  • Japanese 
Apr 29, 2013 22:20
Sometimes I wanted to escape to a certain place where no one could find me.
時々私は誰も見つける事ができない場所に行きたかった。

This would be either the library or a certain cafe called...
それは図書館や。。

"Simple Pleasures".
「シンプルプレージャー」というカフェだった。

I used to go there time to time with my father as a little child - if he had spare time we would sit down and eat their organic sandwiches together. I felt like it was our secret hideaway. A place which only me and my father knew about.
たまに子供の頃でお父さんとこのカフェに行った。もし、お父さんは暇があったら、一緒に有機なサンドイッチを食べちゃった。私たちだけの隠れ家みたいだった。私とお父さんだけ知っていたという場所だった。

But my father became more busy as the years went by.
We haven't gone to that place together for a very long time.
So those memories seemed to become hazy and were fading away.
けど、年を重ねるにお父さんはもっと忙しくなっちゃった。
昔、あの場所に行けなかった。
だから、あの思い出は霞まして、薄らいだようだった。


I completely forgot about it, but then a few years ago I visited it once more.
すっかり忘れちゃったけど、数年前、私はもう一度このカフェに行った。

For the first time I actually took notice of the fact that it's called "Simple Pleasures".
このカフェの名前は「シンプルプレージャー」と初めて気づいた。

"Is this a place where I can enjoy life simply then?" I thought.
「もし、この場所で人はシンプルに生きるかをできるかもしれない?」と思った。


"Or does this place perhaps only exist in my memories?"
「さもなければ、もし、この場所はただ私の記憶で存在してるのかもしれない?」


I go inside and take a seat.
入ると、座ります。

"This is the table at which me and my dad were at before. I remember how tasty that sandwich was."
「このテーブルにお父さんといました。サンドイッチの美味しさを覚えているなー。。」

I looked around me and saw and felt simple things: laughter, sunshine, and a tasty aroma.
周りを見て、シンプルな事を見た:笑い、日光、そして美味しい香り。

"After all, life and happiness itself consists of the simple pleasures."
「結局、人生と幸せは自体にシンプルプレージャーから成るんだね。」


And I read my book in peace.
そして、落ち着いて本を読んだ。



Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app