「百の凧」

  •  
  • 494
  • 0
  • 4
  • Japanese 
Mar 24, 2014 05:05
「百の凧」
「One Hundred Kites」



燃えるように暑い夏の日で、あたしは誰でもいない音楽教室での古いピアノの前に坐りました。
During a hot summer day I sat behind an old piano in the school's empty music room.

大きな窓から蝉時雨が鳴いていました。できるだけ懐かしい旋律を覚えるように集中していたけれども、喧しすぎました。だから、窓を閉めるに行っていました。
The cry of the cicadas' could be heard from outside the big window. I was trying to concentrate as much as possible on remembering a certain nostalgic tune, but it was too noisy to do that. So I went to close the window.

窓を閉めた後、音楽教室の中で深い静寂を感じていました。
After doing so, complete silence filled the music room.

音楽教室はかなり古くて艶がない退屈でした。家具はあまり色がなく、空気の中でよどんでいました。しかも、そこで時はまるで止まってもう動かなかいようでした。特に、あたしは昔々そこでに同級生と遊んでいたことを思い出してそう感じていました。
The music room was quite old and dull. The furniture lacked colour, and there was something stale in the air. Besides that I felt as if time was stuck there and not moving forward at all anymore. I especially felt so when I remembered how I spent my time here as a child with my classmates.

その同級生と中で、私にいつも暖かい笑顔をする男の子がいました。彼の名前を知らなかったけれども。私は照れ屋だったので。それにしても、いつも彼の側にいって幸せになりました。
Among those classmates was a boy who always warmly smiled at me. I never knew his name though. I was too shy to ask for it. In spite of that, I always felt happy to be near him.

たまたま隣の教室から澄んでいない音を聞こえました。それは単なるあたしの妄想と思ったので、あんまり気にしませんでした。それを聞こえたと、音楽教室の隠された宝を探しに行きました。
Suddenly I could hear a vague sound coming from the neighbouring classroom. I thought it was just my imagination though, so I didn't pay too much attention to it. Hearing it though made me look for the secret treasure in the music room.

昔々、あの男の子は音楽教室に隠された宝について教えてくれました。多くの人はこの宝を探していたけれども、誰でも見つけられませんでした。彼は他の学校から移って来て入学した後、みんなはこの宝を見つけることを飽きられました。
A long time ago that boy told me about a secret treasure that he hid in the music room. Many in the school searched for it, but no one could ever find it. When he transferred to another school, everyone finally decided to give up.

あたしは古い机の前に坐りました。埃もたまっていたので少し掃除していました。そうしながら、机の前に何かがあると気づいていました。
I sat behind my old desk. It was covered in dust, so I started to clean it a bit. As I did so, I noticed that something was under it.

それは小さくて紅い凧(いかのぼり)でした。彼はいつもこの凧と遊んでいました。いつもあたしは遊んでいたことを眺めて、参加したいといつも考えました。
It was a small red kite that he used to play with all the time. I always stared at it and thought about how I wanted to join him.

凧に書いたことがありましたー
「誰かそれを見つけたのなら、自由にしてください」
On the kite there was a message written: "If you ever find this, please set me free."

するとまた窓を開けて凧を自由にしました。そしてしばらくそれを見つめました。
At once I opened the window again and set the kite free. I gazed at it for some time.

その時、あの旋律を思い出しました。また古いピアノの前に坐って弾き始めていました。
I remembered the tune after that. I sat behind the old piano again and started to play it.

空の中で、紅い凧は数も増え、百の凧に達したまで。
In the sky the number of red kites started to multiply, until it amounted to one hundred.

この小さい村の凧まつりのことを思い出しました。
I remembered about the kite festival in our small village.

An uncountable amount of red kites swam by my window.
数えきれないほどの凧は私の窓の側に泳ぎました。

As I played the piano song that was as warm as your smile back then.
あの笑顔のように暖かいピアノスングを弾いたながら。