日本でデートした経験 pt.1

  •  
  • 672
  • 5
  • 6
  • Japanese 
Jan 26, 2012 13:08
前回の日記の気分で、また女性と付き合うことについて書きたいと思うんですが。

僕がスケベらしいかも知れませんが、そんなことは決してありません。(笑)
そして、今回の日記が少し長くなってしまったので全部を添削しなくてもいいです。

日本に留学すると、彼女、彼氏が出来るのは自然現象のように当然だったらしいです。ある留学生は日本人と付き合って、ある留学生は他の留学生と付き合ったんです。僕は付き合っていたと言えるか分からないんですが、同じ留学生と2回デートしたんです。

中国人で、JLPT1を合格した美人でした。ウェンと言います。ボランティアーで留学生を手伝うグループ森という団体の昼ごはん会でウエンに初めて会いました。そのグループ森は、すごかったです。

いつも留学生を手伝ったり、日本語の勉強のために話し合ったり、毎週二回昼ごはんをおごってくれたりしたので留学生の中で大人気な人たちでした。日本に到着したところ、銀行の口座を開けるのも手伝ったり、外国人登録証明書に加入したりすることも手伝ってくれたので大感謝しています。偉いサポートグループでしょうね。

ウェンが友達に囲まれました。皆さんが留学生同士だったので紹介は簡単でした。留学生が知らない留学生に会ったら紹介法は必ずこのようでした。
「こんにちは、マイケルです。」
「こんにちは、ウェンです。」
両方:「よろしくお願いします。」
「ウェンさんは、どこから来ましたか?」
「中国です。マイケルさんは?」
「アメリカからです。中国のどこですか?」
などなどと、このように続きました。

ウェンとウェンの友達と小さい話して、昼ごはんの後電話番号をお互いに教えました。それも留学生の習慣だったので、以外なことではなかったんです。

二週間後ぐらいに、友達と飲み放題に行ったんです。飲んだり、盛り上がったり、覚めたり、出て新しい居酒屋に行ったり、そしてまた飲んだりしました。友達はイタリア人一が人、ドイツ人が二人、そして日本人が二人いました。イタリア人はちょっとスケベみたいだったんですが、とても優しい人です。ドイツ人の二人も親しかったですが、その夜二人の日本人には初めて会ったんです。その一人は男で、(また会ったことなかったので名前覚えていない)もう一人は女性のエリと言います。

普通に留学生と遊ぶ日本人は外国に興味を持つ、または英語を応用して使いたいタイプだと思います。必ずしもそうでもないかも知れないんですが、僕にはそう思えました。でも、エリは普通の日本人と違うらしいでした。英語を使わなく、外国や外国人についての質問を一つも聞かなかったんです。ただ普通の人間として話し合ったんです。いつもそういう質問を聞かれたので聞かれないのはちょっと爽やかでした。次の一週間エリが携帯にメール送って「アメリカに行ったらお世話してくれない?」というのが来ました。「もちろん!」と返事したんですが、その以上の話はなかったです。なぜか分からなかったんですが、またエリと会いませんでした。

でも、そのメールの前に、まだ居酒屋にいた時の話があります。

次回に続きます。