Urashima Taro

  •  
  • 333
  • 0
  • 2
  • English 
Aug 12, 2014 12:58
Urashima Taro

Urashima Taro is a folklore.
It might be correct to say "legend."
I'll explain the story briefly.

---------------------------
Once upon a time there was a young man. His name is Taro Urashima.
One day, he saved a tortoise being bullied from children.
For thanks saving, the tortoise took Taro to Dragon Palace at deep sea.
Dragon Palace was a great place like heaven.
He enjoyed the life at Dragon Palace, and the time went by unnoticed.
A few days passed, he decided to go home because he enjoyed enough.
Then he got a souvenir box named "Tamate-bako".
But he was noted "Never open this box ".
When he went home, his town had been completely changed.
Friends and family had gone too.
Even though he stayed only a few days at Dragon Palace, but time had passed for decades on the ground.
He became lonely,so there was a none people whom he knew, and he opened Tamate-bako.
Then, smoke came out the box, and Taro became an old man.
Fin.
--------------------------

Urashima Taro is very popular story, all Japanese know.

The interesting thing about Urashima Taro, some people say that the story is real event, aliens took him to space.

Although It is like science fiction, according to the theory of relativity,certainly, the fast-moving object's time pass slow rate.
Perhaps, he might have been cold sleep while moving.

This phenomenon is also used well in manga and anime.
For example, in Dragon Ball, the room of spirit and time is so.

By the way, we call "Urashima Jotai" the situation that someone became like a stranger,because the place was completely changed while he or she move away for a long time from the place that he or she know well .

I will go to my parents' home tomorrow.
I think my parents' home is my place because I was born and grew up there.
But my parents' home is changed because there are my brother's wife and children.
I'm practically a stranger.
In other words, it will be ”Urashima Jotai".

But it is fun, somehow.
浦島太郎

浦島太郎は、日本の昔話です。
伝説といった方が正確かもしれません。
ストーリーを簡単に説明します。

---------------------------------
昔々あるところに浦島太郎という青年がいました。
ある日、浦島太郎は、子供にいじめられている亀を助けます。
助けてくれたお礼に、亀は浦島太郎を海底深くの竜宮城に連れて行きます。
竜宮城は、とても楽しい所でまるで天国のようでした。
浦島太郎は、時間がたつのも忘れて竜宮城での生活を楽しみました。
数日して充分楽しんだ浦島太郎は、帰ろうと思いました。
すると、お土産に玉手箱をもらいます。
でも、「決して開けてはいけません」と言われます。
浦島太郎が帰ってみると街の様子がすっかり変わっていました。
友達も家族もいません。
彼が知っている人は誰もいません。
竜宮城ではたった数日しかすごさなかったのに、
地上は、何十年もたっていたのです。
知り合いもいなくなって寂しくなった浦島太郎は玉手箱を開けてしまいます。
すると、中から煙が出てきて浦島太郎は老人になってしいました。
おしまい。
----------------------------------

浦島太郎は、誰もが知っている有名な話です。

この話の面白いことは、
浦島太郎は宇宙人に連れらて行った本当の話だという説があることです。

まるで、SFですが、
確かに、相対性理論によると高速で移動する物体は時間の流れが遅いです。
ひょっとしたら、移動中はコールドスリープしていたかもしれません。

浦島太郎の現象は、漫画やアニメによく使われます。
例えば、ドラゴンボールの精神と時の部屋もそうです。

ちなみに、
自分がよく知っている場所から長い間離れてしまい、戻ってみたらすっかり変わってしまい、自分がよそ者になってしまうような状態を「浦島状態」といいます。

私は明日実家に帰ります。
実家は私の生まれ育った場所なので自分の場所だと思っています。

でも実家には、兄貴の嫁や子供もいるのでいろいろ変っています。
むしろ私がよそ者です。
つまり「浦島現象」になると思います。

それはそれで楽しいけどね。