午後のベル /午後凶鈴

  •  
  • 675
  • 15
  • 5
  • Japanese 
May 7, 2014 21:24
日記を再開する。
(昨日のはあくまでもあいさつみたいなやつ)

日本に来て以来、「午後に鳴るベルに絶対に応えてはいけない」と学んだ。
ここに来て数年間、午後のベルに応えたら、
何らかの勧誘をされたり、お金を請求しにきたり(NHK)して、ろくなことはなかった。
郵便だったら、応えなくても不在票を残るから大丈夫。

でも、これらの経験にも懲りずに、ベルが鳴るたびに応えちゃう。
今日も。。。。

今日の午後、ベルが鳴った。
いないふりにしようと思って、無視したけど、
まさかベルはもう一度鳴った、しかも、ドアをノックする音が聞こえた。
そのときは悩んだ。だって、その状況はいつもと違って(普段は大体1回鳴るだけ)、もしかして、管理人が急用があるとかと思ったから、ドアアイも覗かないでドアをあけた。

新聞を持って高校生に見える女の子が目の前に現れた。
そして、私にいろいろ言った。とにかく、宗教活動の勧誘ということだった。
「私は新聞読めない。私は日本語わからない。新聞は読まない。別の宗教を信じるから」とか言って、彼女に私への勧誘をやめてほしかった。
普通空気を読めば、私は彼女の話に乗らないことは明らかだけど、
彼女は諦めずにたくさん喋った。
宗教のことを何も悪くいえないけど、信じないことは信じないから、これ以上勧誘し続けて、ただの迷惑だと思う。

さらに「今度空いてるときに、ゆっくり話したいなって、また来週訪ねてもいいですか」と話しだした。

なんとしつこい人!

私はもう断ってるはずだったのに。。。
あるいは、彼女にも「業務成績」みたいなものがあったか、私は勧誘を受けやすく見えるか?

最後彼女は連絡先を残って、「連絡してください!またね」と言ったら、やっと立ち去ったのだ。
もうさらばだよと思った。

どううまく断ることは難しいね!

あとあと!午後に鳴るベルには絶対に応えてはいけない!
忘れないように。。。
午後凶鈴


自從來到日本以後,我學到了一件事,那就是「下午的門鈴千萬不能應,百分百沒好事」
來到這裡的幾年間,凡是下午的門鈴,不是來推銷什麼啦、要馬就是NHK來收錢的
沒有一件好事
如果是郵差的話,就算不應門也沒關係,因為會留下不在票

但是,我總是無法記取教訓,每當門鈴響起時,總是會去應門…
今天也是…

今天下午,門鈴響了
一開始我想著「裝沒人吧!」而不去理會,
但沒想到門鈴又再響了一次,而且伴隨著敲門聲

那個時候猶豫了一下,但因為跟平常不一樣(平常只會響一次)
想著該不會是管理人有急事找吧?所以沒有先看一下貓眼就開門了

打開門後,映入眼簾的是一位手拿著新聞的高中樣的女生
然後對我說了一些話,反正就是在傳教
我回答她「我看不懂日文,我不懂日文,我不看新聞,我有別的信仰了」之類的,希望她快點放棄我
普通聽到人講這些話,應該就會知道多說無益吧?
但是她非旦沒有放棄,反而講更多
我覺得有宗教並不是壞事,但是對於不相信的事說再多還是不相信,一直對我講傳教的事只會覺得煩而已

然後又說「希望你有空的時間能再好好聊聊,下星期可以再來拜訪你嗎?」

也太煩了吧!這個人

我應該老早就表達出我沒意願了吧
難不成她有所謂的「業務壓力」?還是我看起來好講話?

最後她留下了聯絡方式,並說「一定要再聯絡我」後,總算離開了
我心裡想著「別再見了!」

該如何好好拒絕別人真是難呢!

還有!下午的門鈴千萬不能應
下午的門鈴千萬不能應
下午的門鈴千萬不能應
因為很重要所以要說三次