16ドルで屋敷を買うのは可能である

  •  
  • 341
  • 5
  • 2
  • Japanese 
Jul 25, 2011 06:44
テキサス州ではケネス・ロビンソンという男性が法律に抜け穴を見つけて、16ドルで30十万ドルの値打ちがある屋敷を買うことができました。
ケネスの見つけた家は、元持ち主から抵当流れにして、その手に入れた銀行も破産した。ケネスしたのは、裁判所に行って、16ドル有料で自分がその家の所有者だと主張しただけです。

テキサス法律には「敵対的占有」という条がある。換言すれば、人住まなくなった家に引っ越した人は、「スクワッター」といえ、そのスクワッターには家の元持ち主からこの家を買うの交渉するには独占権があります。
この屋敷の場合には元持ち主はその家を返したいと、まず抵当を払うことが必要です。けれど、この屋敷の持ち主の銀行は破産したから、それはありえないです。元持ち主があらわなければ、スクワッターは3年間あとこの家の持ち主になります。

ケネスを評論する人もある、特に彼の新しい隣人は「彼はこの家がほしいと私達のように定価で家を買うはずです」といっています。でも、私の意見では、これは負け惜しみにすぎません。
法律を数年間よく調べたケネスは16ドルで30十万の値打ちがある屋敷をできたのは本当にすごいだと思います。そして、彼は法律違反したわけがありません。
Img_hn_pc_bn300-3484a621094d33784ab18d6efd7f193a