Journal
 
 
Photo Album

那須あおい's entry (13)

Post an entry now!
那須あおい

翻訳練習 記録破り・6(完) With native lang

記録破り・6 彼達が袋小路に追い込まれると、「もうだめだ!」と竜くんが低く叫びました。 そして気がついたら、彼と杉くんがもう壁を飛び越えてしまいました。 壁の向こうから、黒い犬の悔しそうな吠える声が聞こえました。 その後、杉くんが壁の高さを量ってみた...
  •  
  • 58
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 18, 2016 12:49 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 記録破り・5 With native lang

記録破り・5 放課後、家に帰る時、杉くんが竜くんに伴ってゆっくり歩いていました。 黙ったままの竜くんは暗い顔で石を蹴っていながら、「ぼくは本当に運動音痴なのか」と思っていました。 歩いたり、蹴ったりしていると、彼が大きな石を蹴飛ばして、石が弾丸のように一匹...
  •  
  • 104
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 17, 2016 23:30 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 記録破り・4 With native lang

記録破り・4 竜くんが歯を食いしばって、力いっぱいで走り出したが、バーの前に来るとまたぴたっと足を止めてしまいました。 それを見た人は大笑いしたり、「変だな、バーが噛むのか」と言ったりしました。 一回、二回、毎回もバーの前に止まったのは、ほとんど竜くんの定...
  •  
  • 104
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Apr 14, 2016 23:11 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 記録破り・3 With native lang

記録破り・3 「百二十メートル!」とバーが上がったにもかからず、同級生達が前のように一回目で越えました。 また竜くんの番になると、彼は両足がまるで1000キログラム重くなって地面に押し付けて、全く動けませんでした。「ぼくなんか飛べるか。こんなに高くて無理だろう」...
  •  
  • 50
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 14, 2016 00:07 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 記録破り・2 With native lang

記録破り・2 「1メートルから始めよう」と先生が言うと、多くの同級生が「低すぎるよ。跨ぐだけでいいのに、跳ぶ必要がない」と騒ぎました。 前に並んだ何人の同級生が足を軽く上げればたやすく超えました。 龍くんの番になると、彼はスタンド台に置かれたバーを見な...
  •  
  • 107
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Apr 12, 2016 22:38 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 記録破り・1 With native lang

記録破り・1 龍くんは常に自分が運動音痴だと思っています。 なぜなら体力も足りなくて、足も遅くて、キャッチボールもうまくできなくて、体育の授業ではいつも転がって怪我したからです。 また体育の授業でした。 先生は運動場に生徒達を集めて、走り高跳びを教えました。...
  •  
  • 32
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 10, 2016 23:01 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 短編小説「霧」と「メリーゴーランド」(まとめ) With native lang

その一 霧 男が、方向を見失うような濃い霧の中で佇んでいた。 しばらくすると、人が走ってきて、「誰かここを通ったのでしょうか」と聞いた。 「いいえ、ずっとぼく一人だけです」と男が答えた。 「そうですか、ありがとうございます。」 その人は礼を言って、再び...
  •  
  • 97
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 8, 2016 23:35 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 短編小説 メリーゴーランド(2/2) With native lang

短編小説 メリーゴーランド(2/2) すると、女がなぜか急に暗い顔になった。 「どうしたの」 「……人間は皆最初から同じ色だったらいいのに」 それを聞いた男は何も言わずに、女の肩をやさしく抱いてあげた。 言葉を交わさなくても、お互いに分かっている。 自分...
  •  
  • 119
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 7, 2016 23:14 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 掌篇小説ーメリーゴーランド(1/2) With native lang

掌篇小説ーメリーゴーランド(1/2) あるカップルが遊園地に来た。 メリーゴーランドの前で、男は不意に足を止めた。 「ここの木馬がなぜ皆白いのは、知っているのか」青い目の男が聞いた。 「知らないわ」と黒い目の女が言った。 「この遊園地を作った人はある日、二...
  •  
  • 103
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Apr 6, 2016 22:42 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 掌篇小説ー霧(2/2) With native lang

掌篇小説ー霧(2/2) 男は霧の中で探し始めた。そしてまた一人に出会った。 残念なことに、男が探している人ではなかった。 「誰かここを通ったのでしょうか」と男がかけてきて、聞いてみた。 「いいえ、ずっとぼく一人だけです」とその人が答えた。 「そうですか...
  •  
  • 46
  • 0
  • 0
  • Japanese 
Apr 5, 2016 09:50 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 掌篇小説ー霧(1/2) With native lang

掌篇小説ー霧(1 / 2) 迷い込みそうな濃い霧の中で、男が佇んでいた。 しばらくすると、人が走ってきて、「誰かここを通ったのでしょうか」と聞いた。 「いいえ、ずっとぼく一人だけです」と男が答えた。 「そうですか、ありがとうございます。」 その人は礼を...
  •  
  • 59
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 4, 2016 09:40 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習 蘇さんの変なセーター(まとめ) With native lang

蘇さんの変なセーター  蘇さんは洋服屋です。その親切で丁寧な接客や素晴らしいセンスのため、町の人達からの注文が多いです。  蘇さんには使い切れない布を残しておくという習慣があります。特別な友達がやってくるからです。  「蘇さん、うちの子供達は明...
  •  
  • 76
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Apr 3, 2016 10:13 日本語訳 翻訳練習
那須あおい

翻訳練習  蘇さんの変なセーター・10 With native lang

蘇さんの変なセーター・10 あれから蘇さんはよくその大きなセーターを着て町へ出かけるようになりました。 彼女の知り合いは皆「どうして蘇さんはそんな変なセーターを着ていますか」と裏でひそひそ言っていました。 蘇さんは人知れずにっこりしながら、その花柄のセータ...
  •  
  • 62
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 3, 2016 00:06 日本語訳 翻訳練習