就活用の自己紹介書を書いてみた

  •  
  • 162
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Dec 21, 2017 23:01
頑張って書いてみました。
文法の添削、もしくは内容についてのアドバイスをお願いいたします。


【研究課題について(自分の問題意識、研究の進め方、展望等)】
ゼミナールは中国の政治と外交を研究しております。2014年の台湾ひまわり学生運動をきっかけに、中台関係について関心を持つようになり、「ひまわり学生運動」を卒業論文のテーマにしました。日本と台湾両方の学者方の論文および書籍を読み、多様な視点におけるひまわり学生運動について取り込んでいます。そして、台湾の若者たちにまつわる「国のアイデンティティ問題」について掘り下げ、自分自身にも問い続け、ひまわり学生運動が若者たちの政治思想にどのような影響を及ぼしたのかを研究しています。



【大学生活において打ち込んできたこと(自分の成長やその成長過程でのエピソード等)】
留学生なら最低3国語喋れますので、その中でどうやって差をつけるのかを考えてみると、やはりグローバル時代で最も通用する英語を磨き上げること他ないと思い、英語の勉強に励んでいます。2年生の冬、TOEIC905点を取得し、カナダのトロント大学に短期留学しました。そこで初めて実力の不足を痛感し、3年生から「英語コミュニケーション文化」を副専攻として取り込むようになり、その結果、英語力が更に伸び、学術英語とビジネス英語を身に付けることができました。挑戦を恐れではいけないこと、そして上には上があることを知り、地道に言語の勉強を続ける日々はまだ終われそうにないです。



【自己の特徴について(自分の強み・持ち味等)】
私の特徴は、何事に対しても常に自分の考えを持ち、積極的に取り組む主体性です。日本での留学に関する全てのことは自分で決めて行いました。多くの留学生はエイジェンシーや言語学校を通じて大学に進学するが、私の場合、日本語の勉強・大学探しと見学・入試資料の請求と申込・小論文と面接の準備・ビザ申請・渡航後の部屋探しなど、全て自分で行いました。なぜなら、自分で出来る事は自分で責任をとってやりこなすことを重視しているからです。これからの社会生活で上記の姿勢を活かしていきたいと考えています。



----------

大学生活で打ち込んだことについてだいぶ苦労しました……
部活・サークルに入っておらず、かといってバイトですごい頑張ったわけでもありませんでした。
ゼミも全部個人行動でイベントもほぼありません。書くネタになれないのです。
本当に勉強一筋でやってきましただけです。
大金払って留学しているわけですから、学業を疎かにしたら親に申し訳ないと思います。
大学って将来のキャリアのためにスキルを身に付ける場所だと思っていたが、履歴書の「大学生活で打ち込んだこと」はサークル・部活・バイトを書きなさいって言われ、えってなりました……