子供の頃、ピアノのレッソンを受けました

  •  
  • 780
  • 0
  • 7
  • Japanese 
Jan 25, 2011 17:14
母が上手にピアノを弾いたので、私は子供の頃、ピアノのレッソンを受けました。
10歳頃三年間ぐらい、若かったと思います。
ピアノの先生の家は郊外に丘のわきにあって、 (The piano teacher's house was in the suburbs on the side of a hill.)
一週間の一回に母は先生まで運転しました。  
先生は小型グランドピアノを二台持っていました。
私は時々練習したと思います。
どうして私はピアノを練習するのを止めたか分かりません。 
ピアノを練習する子供の両親の観客の前で三回ぐらい弾いたことがあると覚えます。 (I remember playing in front of an audience of parents who had children who studied piano about 3 times.)
私はとても緊張していたと覚えます。  ピアノは時間がかかったと思います。 
12歳ぐらい中学校のバンドを参加しました。 
中学校に私はバリトンとトロンボーンを吹きました。  
父は父の子供の時バリトンを吹いたと覚えます。
私の腕はちょっと短いので、私にとってトロンボーンは吹きにくかったです。 
それで、卒業の後で私はトロンボーンも止めました。
5年前にYamahaのキーボードを友達から貰いました。
「Easy Classics to Moderns」というシートミュージックを買いました。
子供の時にそのシートミュージックを使いました。
私はまだちょっと弾けるけど、とても下手です。 でも、弾くのは楽しかったです。
そして二年後で私は日本語を勉強し始めました。  
仕事と日本語は時間がかかるので、 またピアノを弾くのを止めました。
日本語はピアノより大切と思いました。  
今フィンランド語も勉強しているので、今とても忙しいので、 ピアノをめったに弾きません。