A hypothesis which is not worth thinking about 4

  •  
  • 96
  • 5
  • 1
  • English 
Feb 9, 2019 22:24
I couldn't tell my friend what embarrassed me that terribly. I've encountered that situation of that question in real, while driving in snow. My ex-boyfriend was sitting in the passengers seat.
When I passed by a gentle curve on a pass, I suddenly found a car in front of us, only about 30 meters ahead. It was snowing and the road was already frozen and slippery. I stepped on the brake very softly and quickly several times, but it was obvious that the car wouldn't stop. There seemed to be only way to crash in that car.
I decided to crash my car against the crash barrier to slow down, instead to kill someone in the car ahead. But in agony I was so scared that I might kill my boyfriend because of my decision. I had to decide, because I was the only one who could do something. When he realised what I was going to do, he screamed.
My car was completely broken, but miraculously any of us didn't get injured.
Long after that he had brought up this incident again and again to blame that I'm a woman with cold blood who never cared her lover's life. I didn't think that I could explain to him how I had felt at that moment, my terror, my agony. Anyway it's all over. We're not together any more. However, I sometimes remind of my feelings when driving over the same place.
My friend's question recalled my memory. It didn't sound like a hypothesis. It was what I ever experienced. My answer hasn't change: "You mustn't even think of killing others."
I still can't help but cry recalling my terror. I might have killed someone.
友達には、どうして私がそんなに腹を立てたのか、うまく言えませんでした。まさにその状況を私は経験したことがあります。雪が降る日、運転していて、彼氏が助手席にいました。
峠道の緩やかなカーブを曲がった時、前方に車が停止しているのが見えました。しかも、距離は30メートルくらいしかありませんでした。雪が降っていて、路面はとっくに凍ってつるつるでした。私は素早く何度も、軽くブレーキを踏んでみましたが、車は止まりませんでした。事故が避けられないことは、見た瞬間、分かっていました。
私は、ガードレールに車をぶつけて減速しようと決断しました。前の車につっこむよりましです。その短い、一瞬ですらない時間に、私は苦悶しました。私がやろうと決めたことで、彼が死んでしまうかもしれないと思いました。私がハンドルを握っているのだから、私しか決断出来る人はいませんでした。私が何をやろうとしているか気づいた時、彼は悲鳴を上げました。
私の車は大破しました。でも、奇跡的に誰も怪我をしませんでした。
その後ずっと、彼は、何度も私を責めました。彼の命なんか気にもかけない冷たい女だと言われました。その瞬間の自分の気持ちについては説明出来るとは思えませんでした。どんなに怖かったか。どんなに苦しかったか。とにかく、何もかも終わったことです。もうその人とは別れました。でも、同じ場所を通りかかるたびに思い出します。
友達の話で、私はまた思い出しました。単なる仮定上の話というふうには受け止められませんでした。私にとっては実際にあったことです。私の答えは変わりません。
「そもそも、人を殺すことを考えてはいけない」
まだ、その時の恐怖を思い出すと涙が止まらなくなります。私は、彼を死なせてしまったかもしれないのです。