I am following my favourite author's blog, Yoshimoto Banana's.

  •  
  • 57
  • 2
  • 2
  • English 
Sep 18, 2019 23:11
I am following my favourite author's blog, Yoshimoto Banana's. In which she writes things like this: "Once you realised how you want to live your life, you have no choice but try it. That's the life."
How would I like to live? I asked myself and tear came into my eyes. I want to live a simple, happy life. People seem to want to live in their hell, and to hope other people experience the same things. I don't understand them.
You can't believe that, but there are so many people, when they have to face their problems, they instead start beating someone else in front of them. That's just because they're quite certain that the person won't beat them back. I mean teachers who are beaten. Children are not angels and parents are not embodiment of virtues. I've seen many teachers quit, or at least becoming defensive, cynical, indifferent, or corrupt. For me, it sometimes feels hard when parents get insane, I hardly remember how to smile. I am trying to remind of having to be positive. I don't want to be drawn into someone else's hell, wasting my own life. I won't call it dedication or contribution.
It's autumn around here again. My favourite season has started. Go see beautiful things of autumn. I need time to retrieve myself.
吉本ばななのブログを読んでいる。こんなことが書いてあった。
「どう生きたいか、どう書きたいかの結論が出たら、もうやるしかないので ~中略~ それが生きてるってことですものね」
どう生きたいか? 考えたら涙が出てきた。私は幸せになりたい。シンプルに生きたい。なのに、なぜか人生って難しい。なんで、自分が苦しいからって、他人を同じところへ引きずりおろそうとする人がいるのか、私には理解できない。
信じられないと思うが、世の中には本当に、目の前の人間を殴ることしか考えていない人がたくさんいる。ちょっと困難にぶちあたっただけで、目の前にとりあえずいる、絶対に仕返しをしない相手を殴って憂さ晴らしをする。私の世界では、殴られるのは教師と決まっている。子供は決して天使なんかではないし、親たちも道徳心の塊という訳では決してない。毎年たくさんの教師が辞めていく。辞めなくても、いつも前かがみに防御的になったり、世の中を見下したり、無感動に陥ったり、あるいは堕落していったり、そういうことが本当にたくさんある。親たちに無理難題をふっかけられる時、私は顔がこわばって、もう笑顔でいられなくなる。一生懸命明るい気分を保とうとする。なんで他人の心の泥沼に引きずり込まれないといけないのか。人生をそんなことで無駄にしたくない。他人の地獄に付き合うのは、気高い行為でもなんでもない。
ようやく秋めいてきた。私の一番好きな季節。秋の美しいものを見に行かないと。自分の心を取り戻す時間が必要だと思う。