Recently thinking about happiness, I remembered a man who I met in ...

  •  
  • 424
  • 16
  • 3
  • English 
Dec 27, 2016 03:50
Recently thinking about happiness, I remembered a man who I met in the Philippines. Actually I feel that I say "I am happy" too much, and I wonder why and to whom I am saying that.
This story was about two and a half years ago. One evening I was invited to my friend's house. It was the first invitation from a Filipino family. I had just started to live in that country and had many things to learn. Her quiet husband picked us up in front of the school. On the way to their house, they stopped at a fruits stand by the roadside. They bought mangoes for me. I was known to like the native fruits there. It was a humid, but nicely hot evening.
The roads in the area they lived in were not paved. Some people were sitting outside for breeze. My friend shouted a name of a man, and I saw a young man stood up and waved his hand to us. After settling in their house, she told the story about the man.
In the Philippines there were many people out of work. He was among them, and there was no possibility that he would be hired. His intellectual level was as high as children. The neighbours liked to talk with him. They asked him, "are you happy?" And every time being asked that, he answered with a big smile: "Yes, because you are happy!" People never looked down on him. He knew what happiness was and made others happy every day.
English version recording http://vocaroo.com/i/s0OrK4LaQFFj
Japanese version recording http://vocaroo.com/i/s0RjOegVsnQl
最近、「幸福」について考えていて、フィリピンで会った人のことを思い出しました。私は、「幸せです」とよく言うけれど、一体、誰に、そして何のためにそう言っているのか、分からなくなる時があります。
二年半くらい前のことです。ある夜、私は友達の家に招待されました。フィリピンの家庭に招待されるのは初めてでした。そこで生活し始めたばかりで、学ばなければならないことがたくさんありました。友達の無口なご主人が、学校の前で私たちを拾ってくれました。家に向かう途中、道端の果物の露店で停まりました。ふたりは、私にマンゴーを買ってくれました。私は、果物に目がないことで知られていました。蒸し暑くて、でもいい感じの夜でした。
友達の家の辺りは、舗装されていませんでした。風を求めて、人々は表に座っていました。友達がある名前を叫んで、すると、若い男性が立ち上がって手を振りました。家の中に落ち着いてから、友達は、その人について話してくれました。
フィリピンでは、失業者がとても多いです。彼もそうで、しかも、仕事にありつける見込みはありませんでした。彼の知的水準は、子供と同じくらいだったからです。近所の人たちは、彼と話をするのが好きでした。みんな、彼に「幸せかい?」と聞きます。すると、そのたび、彼は「うん、だって君が幸せだからね!」と答えます。みんな、彼を馬鹿にしたりしませんでした。彼は、幸福とは何かを知っていました。みんなを幸せにしてくれる存在だったのです。