I wanted to make a teaching plan for my demonstration on Tuesday, b...

  •  
  • 424
  • 12
  • 3
  • English 
Nov 19, 2017 20:58
I wanted to make a teaching plan for my demonstration on Tuesday, but I couldn't find a vacant seat in the library. I was sure that I would be easily distracted staying in my comfortable flat, so I had to make myself sit for a while in an inconvenient place. I headed for a cafe nearby which is run by a welfare organization. Fashionable people wouldn't dare to step in that cafe, but once you do so, you will find interesting people there. They are ordinary people, but their topics are always full with vivid descriptions. They know how to enjoy life, or at least what you should ignore as a small matter.
When I entered, there were no other guests there. I ordered zenzai and started to study. It's almost winter and today's temperature was under 8 degree whole the day. However, the big stove settled in the middle of the room warmed the air. I sipped the hot tea and suddenly wondered what made me feel so happy. Then I noticed that the 90's Japanese pop songs were playing one after another in a small volume. They reminded me of my past days, when I was a university student, working as a new teacher. I only remembered happy scenes, but not any sad memories. I smiled and was humming quietly to myself for a while.
I stayed there for an hour and worked out my plan. I had been struggling to come up with this short plan for more than a week, but there, it was surprisingly easy. I did it with a happy feeling.
火曜日の模擬授業のために、指導案を考えなければならなかったのですが、図書館には空席がありませんでした。自分の快適なアパートにいるとすぐ気が散ってしまいます。だから、ちょっと不自由な環境に身を置く必要があったのです。近所の、福祉施設が経営している喫茶店に向かいました。お洒落な人は行かないような場所です。でもいったん足を踏み入れると、面白い人が集まっているのが分かる筈です。普通の人達なのですが、その喋りときたら、本当に面白い描写で炸裂しています。人生の楽しみ方を知っている、少なくとも、ささいなこととして流してしまうべき事柄が何か、分かっている人達です。
私が入っていった時、誰もほかにいませんでした。ぜんざいを注文して、作業に取りかかりました。もう冬で、今日の気温はずっと8度以下でした。でも、部屋の真ん中に置かれているストーブが部屋中を暖めていました。私は熱いお茶をすすって、ふと、どうして自分は今、幸せな気分なんだろうと不思議に思いました。そこでやっと、絞った音量で、90年代の歌謡曲が次々に流れているのに気づきました。大学生だった時、新任教師として働き始めた時、過去のことを思い出しました。楽しい記憶ばかり浮かんできました。悲しいことは全然考えなかったのです。私は自分がにこにこしているのが分かりました。そしてちょっと歌を口ずさみました。
そこに1時間いて、指導案を仕上げました。この短い指導案に1週間以上手こずっていたのに、今日、びっくりするほど簡単に出来てしまいました。しかも、楽しい気分で出来たのです。