On weekdays I am always trying to be seen as confident, just, knowl...

  •  
  • 173
  • 10
  • 3
  • English 
May 18, 2018 21:44
On weekdays I am always trying to be seen as confident, just, knowledgeable, so many "You must be" things as a teacher restrict me. I'm armed with those requirements.
On Friday, after work, I throw my teacher armour and try to remember who I am. However, it's difficult to find it out again. I enjoy eating something not good for health and reading books in bed on Friday night. It just mean I am doing what I like, but doesn't mean that I am exactly who I am doing those things.
Some people might say that when you are perfectly alone, you can take back yourself. I don't agree with that. I think that only through relationships with others, you can define yourself.

Today one of my students told me; "You always appreciate me, helping you and X. You say that I can understand X and explain to you what he means. But my parents never believe that. They say I am not that wise or helpful."
She has been the youngest in her family. In our class, she has found out her new side. She can help others, also her teachers, with her pure heart.

Now I am alone in my flat, but tomorrow I will be able to start to be someone for someone else.
平日は、自信に満ち、公平で、専門分野に秀でた教師らしい振る舞いをします。教師として「こうでなくてはならない」という規範を身につけることで、武装しているような感じです。
金曜日、仕事の後で、教師型モビルスーツを脱ぎ捨てて、自分が一体何者だったのか思い出そうとします。でも、難しいです。金曜の夜は、体に悪い食べ物を食べて、布団の中で本を読んで、好きなだけだらだらします。でもそれは、単に、私が好きなことをしているというだけであって、そういうことをしている自分が最も自分らしいということではないのです。
一人でいる時に、自分らしさを取り戻す、と言う人もいるでしょう。私はそうは思いません。他者との関係において初めて、人は、自分を見出すのです。

今日、ある生徒が言いました。
「あのね、先生。先生はいつも、私が、X君のことをよく理解していて、X君が言っていることを先生に通訳してくれるって言うでしょう。でも、私の親は、信じてくれないんです。おまえがそんなに役に立つはずがないって言うんです」
この生徒は、家族の中で一番下です。でも、学校で、自分でも知らなかった側面に気が付きました。他人の心が分かる優しい心で、ほかの生徒や私達教師までも助けてくれています。

今、私はアパートに一人でいます。でも、明日は、誰かのための自分になることが出来るでしょう。