Today was Saturday, so there were many children in the library.

  •  
  • 91
  • 5
  • 3
  • English 
Oct 8, 2017 00:56
Today was Saturday, so there were many children in the library. I sat on a stool and read a book I selected. It has some short imaginary stories related to hexes. The last piece impressed me.
The king and the queen wanted to have a prince, but they only had many princesses. The tenth princess was used to being neglected. One day, she ran into a dragon in the woods. It was young and hurt. When the dragon saw the little girl, he expected that she called folks from the town to kill him. However, she came back alone, but with lots of medicine to heal him. They were happy being together. The dragon's injury got better and they realized that the day had come to part from each other.
After the dragon flew away, she tried to find the magic to change her into a dragon. The people thought that she was crazy. All her sisters got married with princes, but she wouldn't. After a long while, a young knight visited her. He said that he had found the spell to change him into a human to live with her.
Is it ridiculous, if I say I wept reading this story?
I think that the princess was no longer a girl but like the only being for her dragon after she met him, and the dragon was same. They turned into something that only exist two in the world, after they found each other.
土曜日だったので、図書館には子供がたくさんいました。スツールに腰かけて、選んだ本を読みました。魔女に関するおとぎ話でした。最後の一篇が、印象に残りました。
王様と王妃様は、王子が欲しかったのですが、王女ばかり生まれます。10番目の王女は、ほったらかしにされることに慣れていました。ある日、森の中で、王女は竜に出会います。竜は、まだ若く、そして怪我をしていました。竜は女の子を見た時に、村人たちを連れてきて、自分を退治するのだろうと思いました。でも、王女は、たったひとりで、竜の手当てをするための薬をどっさり抱えて戻ってきました。竜と王女は、一緒にいてこの上なく幸せでした。竜の怪我が癒えて、ふたりは、さよならをする時だと悟ります。竜が去った後、王女は、竜に変身するための魔法を探し求めます。人々は、王女は気がふれていると考えました。ほかの王女たちが王子様たちと結婚する頃になっても、この王女だけは結婚しませんでした。長い時が経って、若い騎士が王女を訪ねてきました。彼は、人間に姿を変える魔法を見つけたと告げました。王女と共に生きるために、竜が戻ってきたのでした。
この物語を読んで泣いたと言ったら、馬鹿みたいですか。王女は、竜と出会った後、もう女の子ではなく、竜のたったひとりの仲間となったのです。そして竜も同じでした。彼らは、お互いを見出した後は、この世でたったふたりきりの、お互いのための存在となったのです。