A Book Club for "The Left Hand of Darkness" Part 4 初めての読書会4

  •  
  • 238
  • 8
  • 2
  • English 
Jul 30, 2018 23:09 thelefthandofdarkness bookclub
At the book club on Sunday, I was the worst English speaker. There were two other Japanese participants, but they spoke better than me.
It's funny, but if you meet a bad English speaker in Japan, you may suppose that the person is an English teacher. I am sometimes asked if I am teaching English, but it never pleases me. If my English was truly good, you would never think that I am teaching English at school. On that day too, I was asked that question.
At first, I was trying to follow the "native speed" of English. But soon, I noticed that the participants were speaking faster, more eloquently than the other people who don't read many books, because of their big vocabularies. It's the same in any languages. Book lovers always have many things to tell about books.
I wanted to say something, but the topics changed frequently. Suddenly, one of the participants, who had gentle black eyes and black hair, asked me what part of the book I liked the most. I was surprised when she called my name correctly. because there were already 15 or 16 people stuffed in a small room. I only said something to introduce myself at the beginning of the meeting. I was grateful for her help and decided in my mind that I would ask her name again and make friends with her!
I answered, but when speaking, my English is worse than in writing. I said something like this:
"When I first read this book, I was eleven or twelve. I was just about to experience my adolescence. I already felt that I was imposed a role of women. I hated that. I was aware that my friends at school evaluated each other by their appearance. I knew boys judged me only by my face or my skinny figure. I was struggling, and then, I encountered this book. I love that part the most, Colly, you cited, "When you meet a Gethenian you cannot and must not do what a bisexual naturally does, which is to cast him in the role of Man or Woman, while adopting towards him a corresponding role dependent on your expectations of the patterned or possible interactions between person of the same or the opposite sex.". I repeatedly read that phrase--in Japanese, sorry. And one more, I like of this book is "it was from the difference between us, not from the affinities and likenesses, but from the difference, that that love came: and it was itself the bridge, the only bridge, across what divided us". When I was little, I didn't understand this part. I was wondering why you can love someone very different from yourself. Now I understand. Thank you for listening to me!"
The other participants were kind and patient enough to listen to my clumsy English. Native speakers could say this in a couple of seconds. But I wasn't able to speak so fast. No one rushed me. When we took a tea break, I said thank you to the woman who passed me the baton and asked her name.
日曜日の読書会で、一番英語が下手だったのは私でした。ほかにも2人、日本人の参加者がいたのですが、私より英語が上手でした。
英語を話す人が、英語が下手な日本人と知り合ったら、「英語の先生に違いない」と考えるようです。私もよくそう聞かれるのですが、全然嬉しくないです。もし、私の英語が素晴らしかったら、学校で英語を教えているなんて思いませんよね。その日も、同じ質問をされました。
最初、英語の「ネイティブ・スピード」についていかなきゃ、と思っていました。でも、すぐに、その読書会の参加者達は、普通の、本を読まない人に比べてずっと速く、雄弁に、表情豊かに語っていると気づきました。つまり、語彙が断然多いのです。どんな言語でも同じでしょう。本好きな人はいつだって、本について話し始めたら止まらないものです。
私は意見を言おうとしましたが、話題はころころ変わりました。突然、ある女性が私の方を向いて聞きました。黒い髪で、優しい目をした人でした。
「Maki、この本で一番好きなところはどこ?」
彼女が私の名前を正確に発音したのに驚きました。狭い部屋に、もう、15人か16人がぎゅうぎゅう詰めになっていました。会合の始まりで、私は、自己紹介のためにちょっと喋っただけでした。彼女の質問に感謝しました。そして、心の中で、あとで彼女の名前を聞いて友達になろうと決めました! 
私は答えましたが、話す時、私の英語は下手です。書いている時はまだましです。こんなことを言いました。
「初めてこの本を読んだ時、私は、11歳か12歳でした。ちょうど、思春期の入り口にさしかかったところでした。すでに、女としての役割を押しつけられているということを感じ始めていました。本当にそれが嫌でした。学校の友達はみんな、外見でお互いを判断していました。男の子達が、私の顔や、やせすぎの体を見て、私を値踏みしていることに気づいていました。私は苦しかった。辛かった。そんなとき、この本に出会いました。コリーさんがさっき、引用した箇所ですーー『ゲセン人に接する場合、両性愛者が当然やるようなことはできないし、してはならない。すなわち同性間または異性間で通常想定しうる性的関係を期待して、それに相応する男または女の役割を相手に果たさせることはできない(小尾芙佐訳より)』ここを何度も読みましたーーただし、日本語で。すみません。あともう一つ、『だがそれはわれわれのあいだの違いからくるもので類似からきているものではない、両者の相違からこの愛は生じているのだ。そして愛がそれ自体かけ橋なのだ。私たちを分かっているものにかけわたす唯一の橋なのだ(同)』子供の頃、この部分がどうしても分かりませんでした。どうして、自分と全然違う人を好きになれるのか、不思議でした。今は分かります。聞いてくださって、ありがとう」
参加者達は、最後まで、私の話を辛抱強く聞いてくれました。本当に親切だと思いました。ネイティブがこれを言うのに、何秒かかるでしょう。私はゆっくりとしか、話せないのです。でも、誰もせかしたりしませんでした。お茶の時間に、私は、さっき、話を振ってくれた人にお礼を言って、名前を改めて教えてもらいました。