On Saturday I tried something new.

  •  
  • 174
  • 2
  • 2
  • English 
Jan 21, 2019 00:56
On Saturday I tried something new. It was a sunny day. I was talking with my colleagues in front of the school gate guarding there. We weren't armed, but just standing there to prevent outsiders from entering school.
A student dropped at and showed an electric bike which he rent at the station. The distance from the station to our school isn't small, so most students take a bus. However, that student prefers a bike to a bus, especially since he started using an electric one, he has really enjoying the schooling. He said that riding a bike around the bay is really fun. He has been saving money to buy a new one. The best bike almost costs 100,000 Yen.
He and I talked with each other for the first time, but he suddenly turned to me and suggested to take a ride on that bike. I hesitated, because I am not a good cyclist at all.
He pointed at the top of the slope where we were standing on.
"You can go up this slope without any efforts!"
I looked up and thought that if I ride on it upwards, the bike would definitely moved backwards and I fall over. I didn't want to provide such an embarrassing show. However, one of my colleagues teased me saying, "Hey, Miss Yamamoto, you are saying that you don't know how to ride a bike?"
It made me mad. I snapped, "Of course I can ride!"
"Then try it!"
The student said without any bad intention. He just wanted me to know how good this bike is. There was no going back any more. I got on the bike and started pedalling towards the top of the slope. I almost expected to fall over in a moment, but suddenly I felt the wind. Something helped me to go forward, and I was going as fast as I'd never experienced on a bike. I screamed: "Help me! Too fast!"
The student shouted back, "Don't be afraid! It's helping you!"
When I got off the bike in front of them, my knees were trembling. The speed scared me, but for sure, it was also exciting. I had thought that only old people ride an electric bike, but this model was really cool. I thought of buying a new electric bike only for a moment. In five years, maybe I will. I already have one, not electric, but still, it is good enough for me.
https://plus.google.com/photos/100954620882713840681/album/6648608335622234673?authkey=CNWf8uekn6PJ0gE
土曜日、ちょっと面白い経験をしました。晴れて暖かい日でした。私はほかの職員と一緒に、校門で立ち番をしていました。特に警備用のものは持たないのですが、不審者や部外者が学校に立ち入らないように、警備します。
ある生徒が私達のところに立ち寄って、駅前のレンタサイクルで借りた電動自転車を見せてくれました。うちの学校は駅からかなり遠いので、たいていの生徒はバスを利用します。でも、この生徒は自転車派です。特に、電動自転車を借りられることを発見してからは、スクーリングがずっと楽しくなったと言いました。湾をぐるっと回って自転車で走るのは本当に爽快だそうです。新しい電動自転車を買うためにお金を貯めているとも言いました。一番いいモデルは、10万円近くもするそうです。
私は前にこの生徒と話したことはなかったのですが、彼は突然私に向かって、
「先生、こいつに乗ってみてくださいよ」
と勧めました。私はたじろぎました。実は、私は自転車が下手です。
彼は、私達が立っている、学校前の坂道の上を指さして、
「あの上まですいすい上がれますよ!」
私は見上げました。そして、乗った瞬間、自転車が後ろに下がって転倒する場面をリアルに想像しました。そんなかっこ悪いのはごめんです。
同僚の一人が私をからかいました。
「先生、まさか自転車に乗れないって言うんじゃないでしょうね?」
私は憤然としました。
「乗れますよ! 当たり前じゃないですか!」
「じゃあ、先生、是非こいつを試してみてください」
と生徒は無邪気に言いました。とにかく、この自転車がどんなにいいか、知ってほしいと思っているようでした。もう、後には引けません。私は意を決して、サドルにまたがり、坂道の上に向かって、ペダルを踏みこみました。一瞬で転倒すると思いきや、不意に、髪がなびくのを感じました。何か分からない推進力が、私の乗っている自転車をぐんぐん前へ動かしていきました。今まで自転車で出したことのないスピードでした。私は悲鳴を上げました。
「助けて! 速すぎるよ!」
生徒が後ろから叫びました。
「先生、怖くないよ、大丈夫! 自転車がアシストしてるだけですから!」
みんなの前に戻って自転車から降りた時、膝ががくがくしました。スピードは怖かったですが、確かに、すごく爽快でした。今まで、電動自転車に乗るのはお年寄りというイメージがありました。でも、この自転車はとても可愛くて気に入りました。新しい電動自転車を買うことを一瞬考えました。多分、5年くらいしたら買うかもしれません。今の自転車は電動ではない、古いタイプですが、まだ乗れます。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app