Dialect 2

  •  
  • 114
  • 3
  • 1
  • English 
Feb 20, 2019 01:18 dialect
My student staying at my flat wanted to talk about the expression which never worked out of her home town. It was "dashike-", which means "therefore". She asked me with a serious expression if I understood that word. I said yes, as she had expected. We are both from Tajima, a part of north Kanasi. And I showed her the area in which it is used and understood. It works only in Tajima, and Asago City, my home town is an exception. We would say "hoyasake-" for that case. My explanation surprised her. She said, "It's totally new to me. I haven't heard that word!" I answered grinning, "That's why we never say that word out of our home town!"
I also showed some grammar rules of our dialects different from the standard Japanese. The imperative forms are different. The people from her home town say "Tabense- (Let you eat)", "Ikinse- (Let you go)", "Shinse- (Please do it)". And the people from my home town say "Tabene- (Let you eat)", "Ikine- (Let you go)", and "Shine- (Please do it)".
She laughed at the last expression and choked on tea. Because "Shine-" sounds very similar to "Shine (Die!)". When I am relaxed, I tend to speak in my own dialect unconsciously, and when I said to my ex-husband "Shine-", I just meant "Do it please", but he thought I said "Please die!". It was a horrible mistake. I usually want to be respected my language, but even though, sometimes I should be careful with some expressions that people never understand.
That's what I talked to my student.
生徒が今、私のアパートでホームステイをしています。地元以外では全然通じないある表現について、質問したいんですけど、と彼女は言いました。それは「だしけー」という言葉でした。彼女は真剣な顔で、
「先生は、この意味が分かりますか」
と聞きました。私はもちろん、
「分かりますよ」
と答えました。私達はどちらも、関西北部の但馬出身です。私はそれから、その言葉が通じる地域はどこからどこまでかを教えました。「だしけー」は、但馬北部で用いられています。けれども、私の出身の朝来市では、使われていません。朝来市民は「ほやさけー」と言います。そう説明すると、彼女はびっくりして言いました。
「先生、その言葉、初めて聞きました」
私はにやにやしました。
「だから、朝来市民は、朝来市の外ではこの言葉を使わないんですね!」
私は他にも、標準語と違う文法をいくつか、教えました。但馬弁は、命令形が独特です。彼女の出身の市では、「食べんせー(どうぞ食べてください)」「行きんせー(どうぞ行ってください)」「しんせー(どうぞしてください)」と言います。私の出身の朝来市では、「食べねー(どうぞ食べてください)」「行きねー(どうぞ行ってください)」「しねー(どうぞしてください)」と活用します。
最後の表現に、彼女は笑い出して、お茶をのどに詰まらせました。なぜなら、「しねー」は、「死ね!」と非常に近い発音です。私はリラックスしている時は無意識に方言が出ます。昔、結婚していた人に、「しねー」と言ってしまった時、私は単に「どうぞしてください」という意味で言ったのですが、相手は「死ね!」と言われたと受け取りました。大失敗でした。私は、相手には、自分の言語を尊重して欲しいと思っていますが、それでも、他の地域の人には分からない表現については気を付けたほうが良さそうです。そう生徒に話しました。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app