Do you still remember what the world was like before you learnt rea...

  •  
  • 216
  • 15
  • 3
  • English 
Aug 30, 2018 21:27
Do you still remember what the world was like before you learnt reading and writing?
I had been illiterate longer than other children did. My parents innocently believed that children could naturally obtain the skills of reading and writing, thus when they found that I wasn't able even to write my name at the age of 6 at the primary school, it was a huge shock for them. Children usually don't like school. But for me, school was very important, because it provided me what I needed: education. I was aware that I needed to learn harder than other children to catch up with them. I was behind in the first place.
Most children learnt reading before they became old enough to appreciate that fact. I know what the world is like, if you can't read at all. I couldn't decide which gave me more joy, eating biscuits or reading the package of the biscuits. Since I was 8 or 9, I have hardly remembered that feelings. However, learning English and German, I sometimes got opportunities traveling abroad, and I recall how inconvenient it can be without literacy. I feel as if I were a child again and it's not so bad, because now I can be so happy when I find a sign on the street and the words on it make sense.
https://www.instagram.com/p/BnGluTRlmO0/?hl=ja
自分が文字が読めなかった頃のことを覚えていますか。
私は、字が読めるようになるまで、他の子供より時間がかかりました。私の親は、のんきな人達で、子供はほうっておいても、勝手に字を覚えると思っていました。だから、私が小学校に入って、6歳なのに、自分の名前すら書けないことが判明した時、親にとっては大きなショックでした。子供は普通、学校が嫌いです。でも私にとっては、学校は、生きていくために必要なものを与えてくれる場所でした。私は、教育が必要でした。他の子供達に追いつくために、何倍も努力しなければならないと、はっきり、自覚していました。初めから、私は他の子供達よりずっと劣っていたのです。
子供は、物心つく前に、字が読めるようになります。私は、文字が読めない人間にとって、世界はどんな風に見えるのか、知っています。子供の頃、ビスケットを食べることより、箱の文字が読めることのほうが嬉しかったのを覚えています。8歳か9歳くらいから、その気持ちを味わうことは少なくなっていきました。でも、今、英語とドイツ語を勉強していて、時々、外国に行く機会もあります。そして、字が読めないとどんなに不自由か、改めて思い出します。子供にかえったような気分です。悪い意味ではありません。道路にある看板や標識が読めた時、本当に嬉しいです。
https://www.instagram.com/p/BnGluTRlmO0/?hl=ja