Sometimes I assign myself to read a book.

  •  
  • 459
  • 17
  • 4
  • English 
Jul 19, 2017 00:08
Sometimes I assign myself to read a book. My birthday is in November. In November I read the book called "Birthday Stories". This book is an anthology of English short stories related to birthday selected and translated by Haruki Murakami. Somehow, though it's still July, suddenly I wanted to read it and read for the last a couple of the days.
I am not a huge fan of Haruki Murakami. However, I might like his voice ( "writing style" is my dictionary's suggestion, but I am not sure if the words are correct ) only used when he translates. It's dry, differs from his Japanese original fictions.
Through the last short fiction that is his original, he states that no matter how you go, you cannot be anyone else but yourself. When I read this for the first time several years ago, it didn't mean much, now, it's my favourite part of this book. I, myself is a cage to capture me. It may sound like a curse for some people. For me it is simply a fact I learned through my life, so When I read this, I feel at ease.
This year I may try to read English version of this book. I fall asleep when I read an English book. This is also my curse, though, I want to break it.
https://www.goodreads.com/book/show/45301.Birthday_Stories?ac=1
時々、「課題図書」を決めて読んでいます。私の誕生日は11月です。11月には、「バースデイ・ストーリーズ」という本を読みます。この本は、もともとは英語で書かれた、誕生日にまつわる様々な物語を、村上春樹が選んで翻訳したアンソロジーです。なぜか、まだ7月だというのに、突然この本が読みたくなって、ここ数日読んでいました。
私は村上春樹の大ファンというわけではありません。でも、彼の翻訳文体は好きかも知れません(辞書で調べたけれど、「文体」にあたる英語の単語が分かりませんでした。私の辞書は時々信用できないので)。彼の翻訳文体は、ドライで、日本語で書かれた本人の作品とも違っています。
最後の短編を通して、村上春樹は、こう語りかけています。
どこまで行こうと、私達は私達以外の何者にもなれない。
数年前、初めてこれを読んだ時、大して意味のある箇所ではありませんでした。今は一番好きな部分かも知れないです。私は、私という囚人をとらえる檻そのものなのだ、という考えは、他の人には、呪いのように聞こえるかも知れません。でも、私にとっては、生きていくなかで学んだ、当たり前の事実です。だから、ここを読むとほっとします。
今年は、この本の英語版に挑戦するかも知れません。私は英語の本を読むと眠ってしまいます。これもまた私の呪いなのですが、打ち破りたいものです。