After work, when I unlocked the door of my flat, I found a pair of ...

  •  
  • 142
  • 12
  • 3
  • English 
Aug 10, 2018 21:57
After work, when I unlocked the door of my flat, I found a pair of sandals there which I didn't expect. Now I have a guest. He had told me last night that he was going to visit his friend and stay overnight, so I thought that he was already out. He called out cheerfully, "Welcome back!" I replied, "I'm home."
He was relaxing in my legless chair and eating something healthy as usual. His diet is much more Japanese than mine. I don't like some typical Japanese food like miso soup, natto or tsukemono. In front of him there was a pile of my books, including a book from the library. He put his cell phone against the books and was watching netflix. To be honest, I had been worried that he wasn't able to feel at home here in my place, so I was glad to see him relax. He invited me to sit beside him on the cushion which he usually sits on. But before that, I had something to confess. I took crisps and a cream puff out of my backpack and said honestly, "I bought them at a convenience store. I thought you weren't here. I shouldn't eat these unhealthy high fat food in front of me. I know well you're trying to lose your weight. I am so sorry."
He stared at my guilty meal with surprise and said kindly, "It's Friday. It's okay." He was the one who had taught me the expression "cheat day" before. Then we watched a funny TV show together. After that he went out.
A person who wants to lose weight and the other tries to not lose weight more, are living together now. I am afraid that I serve him carbohydrate and meat too much. I don't know how much one eats generally. I grew up in a big family, so I tend to cook a big meal.
仕事の後、帰宅して、アパートの鍵を開けたら、目の前にサンダルがありました。サンダルの持ち主がいるとは予期していませんでした。今、私のところに友達が滞在しています。昨夜、彼は、友達のところに遊びに行って泊まってくる予定だと言ったので、とっくに出かけたと思っていました。彼は、
「おかえり!」
と朗らかに言いました。
私は、
「ただいま」
と返事しました。
彼は、私の座椅子に座ってくつろいで、食事をしているところでした。いつものように、健康的なメニューでした。彼は、私よりずっと和食が好きだと思います。私は、典型的な和食である、みそ汁、漬物、納豆は食べません。彼の前には本が積んでありました。私が図書館で借りた本も入っていました。彼は、そこに携帯を立てかけて、ネットフリックスを観ていました。実は、ずっと、彼が私の家で、くつろげていないんじゃないかと心配でした。だから、彼がリラックスしているのを見て、嬉しかったです。いつも彼が使っている座布団を勧められたのですが、私はもじもじしました。そして、懺悔しようと決めました。リュックサックを開けて、ポテトチップスとシュークリームを取り出して、正直に言いました。
「Mさんがいないって思ったから、コンビニで買ってきたの。こういうものを、Mさんのいる前で食べるわけにはいかないでしょう。ダイエットしてるの、知ってるし。本当にごめんなさい」
彼はちょっとびっくりしたような顔で、その罪深い食べ物を眺めました。そして、
「金曜日だから、大丈夫!」
と言いました。「Cheat day(ダイエットをさぼる日)」という表現を教えてくれたのも、彼です。私達はそれから一緒に、面白い番組を観ました。その後で、彼は出かけました。
減量しようとしている人と、体重を減らさないように頑張っている人が、今、同居しています。私は、彼に、炭水化物と肉を食べさせ過ぎなんじゃないかとちょっと気になっています。一般的にどのくらい人が食べるものなのか、私にはよく分かりません。私は大家族で育ったので、大量に料理する癖があります。