Before the Typhoon Hagibis hit Japan, someone said to me that he wa...

  •  
  • 48
  • 7
  • 2
  • English 
Oct 20, 2019 19:18
Before the Typhoon Hagibis hit Japan, someone said to me that he was impressed by Japanese people's unique attitudes towards nature. He asked at a train station when shinkansen would start again after the typhoon, but no one didn't know the answer. He said that Japanese people had great endurance and attitudes accepting the fate. He even asked me if we learnt that by Buddhism. I finally burst into laughter and answered: It doesn't have anything to do with religious. Refraining from going out of house or not expecting to take a train in typhoon is just a rational way of thinking. I was sorry ruining his dream about exotic Japanese culture. He's from Italy.
Foreigners don't know what to do as a preparation for natural disasters, but even Japanese people don't. I was surprised when my friend living in Tokyo showed me a photo he had taken in a supermarket. The shelves of meats were empty. I wondered what kinds of idiots rushed to buy meats when a huge power blackout was predicted. Maybe they had a cellar to keep meats cool and fresh. On some other photos he captured many people enjoying walking on a river bank right after the river flooded, checking the water level. I couldn't say anything but just shook my head.
When my grandparents learnt a typhoon was coming, they used to cook rice and make as many onigiris as we could survive for a few days. They even emptied the fridge in case of blackout. Granma said that we didn't have to cook during the typhoon. Still now, I prepare for a typhoon this way. I cook a lot, so I wouldn't have to use electricity.
When my brother went to the river to see the water level the next day a typhoon passed, my dad got upset. He said to my brother, "I know you didn't try to swim in the river, but did you think about that the river bank must be loosened, that many garbage and branches would hurt your friends or you? I say to you not because you are a child. I'd say that if you are an adult! You must know those things to protect your life!"
People living in a big city are likely not to have opportunities to learn about nature.
台風が来る前、ある人が言いました。
「日本人の自然に対する独特の考え方には感心します。台風の後、新幹線の運航再開はいつになるか、駅員に聞いたのですが、誰も答えられませんでした。日本人は実に忍耐強く自然を受け入れています。諦めて、運命を受け入れています。これは仏教から来た教えなのでしょうか」
私はとうとう我慢できなくなって吹き出してしまいました。
「すみませんが、宗教とは何の関係もないと思いますよ。台風の時に外に出ないとか、電車に乗ろうとしないとか、単に当たり前の判断だと思いますけど」
彼の日本の文化に対する夢を壊してしまって、ちょっと申し訳ないと思いました。イタリアから来た人でした。
外国人が災害にどう備えるべきか、よく知らないのは仕方がないのかもしれません。でも、日本人でもそういった知識を持っていないことがあります。東京に住んでいる友達がスーパーで撮った写真を見た時、びっくりしました。肉のコーナーが空っぽになっていました。頭の中で「一体、どこの馬鹿が台風の前日に肉を買うというのか?」と呟きました。スーパー台風の間、大規模な停電の恐れがあると繰り返し報道されていました。地下室があって、生鮮食品を保存しておける家なら買ってもいいと思います。友達は、台風の翌日に、氾濫した川の川べりを散歩している人達の写真も撮っていました。私はもう、何も言えずに首を振るばかりでした。
祖父母は、台風が来ると分かったら、お米を炊いて、家族全員が食べても数日保つくらいのおにぎりを作りました。冷蔵庫も、停電に備えて空っぽにしました。おばあちゃんは、台風の間は料理しなくてもいいようにしておくんだと言っていました。今でも私はそうしています。台風の前にたくさん料理して、台風の間、電気を使わなくても大丈夫なようにしておきます。
兄が、川の水かさを見に行った時、父は激怒しました。
「いいか、お前が川で泳いだりしなかったことは分かっている。でも、お前はちょっとでも考えたか? 地盤は雨で緩んでいる筈だ。押し流されてきたごみや木の枝で、友達やお前は怪我をしたかもしれない。いいか、子供だからこういう注意をしているんじゃない。お前が大人でも同じことを言った。命を守るためにこれくらいのことは知っておけ!」
都市に住んでいる人は、自然についてのこういった知恵を学ぶ機会がないのでしょう。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app