Today I went to a city facility which is 20 minutes away on foot fr...

  •  
  • 120
  • 8
  • 3
  • English 
Apr 25, 2019 00:51
Today I went to a city facility which is 20 minutes away on foot from our school. I met the ceramic instructor who had taught our students last year. They enjoyed the workshop very much, and I wanted to ask her to give us a ceramic workshop again, but a different type of class for this year. I like her. She is really warmhearted and has natural dignity. Her talk is always a treasure of trove of wisdom, especially her knowledge of botany always fills me with admiration.
She showed me some kinds of herb in the medical herb garden in the facility. Horsetail is generally very disliked, because once it started growing in your garden, you can't remove it very easily. She said that it has a diuretic effect. I had to start laughing loud, saying, "If people ever learn that, nobody would use weed-killer in their garden!" She also showed another herb, fish mint, which is very familiar to me. My grandmothers (I mean grandmothers, because they all did so) used to collect it in summer. You can use the leaves as tea leaves and it's effective to acne and burn. However, it was not until today that I heard that you can collect the leaves in this time of the year.
"Not too early," she said. "And you don't have to wait until the leaves become all dry up. Come, let's have tea."
We took some leaves enough to make tea for one teapot. When I tore leaves, they left a strong aroma on my fingers.
She put the leaves of the two herbs in a teapot and poured hot water onto. The tea smelled slightly sweet, and the taste was so mild and fresh.
"Ah, thank you so much. My students would be jealous, if they hear that I had such a rare tea with you," I said.
She smiled at me and said, "That's your benefit. You're their teacher."
Then, we planned another activity. In June, our students will experience harvesting herb and drinking fresh herb tea. That was a wonderful by-product of today's meeting.
After I got back to the school, the aroma still remained on my fingers and made me relax. It reminded me of my grandmothers and also the instructor. Old wise ladies, I thought.
https://www.instagram.com/p/BwpS9WWBcsS/
今日、学校から歩いて20分ほどの市の施設に行きました。去年、うちの生徒がお世話になった陶芸の先生にお会いしました。去年の陶芸のワークショップがとても良かったので、今年もワークショップを申し込みました。ただし、去年とは違う技法で、作品を制作します。私はこの先生を尊敬しています。本当に温かい心の持ち主で、さらに、自然な威厳を持ち合わせています。先生のお話はまさに知恵の宝庫です。特に、植物に関する知識が豊富で、こんなに詳しい人はめったにいません。
今日は、何種類かのハーブを見せて頂きました。スギナは、一般的には、嫌われ者の雑草です。いったん庭に生えると除去するのはほぼ不可能だからです。先生が、
「これは利尿作用があるのよ」
と言ったので、私は思わず笑いだしてしまいました。
「それを知ったら、世間はもう除草剤を使わなくなりますね、きっと」
ドクダミは、私には馴染み深い薬草です。うちのおばあちゃんが、夏にいつも採っていました。ドクダミの葉はお茶になります。にきび、肌荒れ、やけどに効きます。でも、今日お話を聞くまで、この時期にもう採集できるとは知りませんでした。
「早すぎるということはありませんよ」
と先生は言いました。
「それに、乾燥するまで待たなくてもいいんです。さあ、お茶にしましょう」
私達は急須一杯分のドクダミの葉を摘みました。葉をちぎると、強く匂って、指に香りが残りました。
先生は急須に葉を入れて、お湯を注ぎました。お茶は、かすかに甘い香りがしました。口に含むと、優しい、爽やかな味がしました。
「本当にありがとうございます。生徒が聞いたら絶対うらやましがります。こんなに珍しいお茶を先生と頂いたなんて」
「あら、それは役得というものよ。だって、先生なんですから」
それから、私達は、もう一つ別の企画について話し合いました。6月に、うちの生徒は、ドクダミ採集のお手伝いをします。そして、摘んだばかりの葉でドクダミ茶を飲むという体験をさせて頂く、ということになりました。今回の訪問で、思いがけなくもこんな素晴らしい企画まで出来ました。
学校に戻ってからも、ドクダミの香りはまだ指に残っていました。忙しく仕事をしながらも、その香りに気が付くたびに、ふっと緊張が和らぎました。おばあちゃん、そして今日会った先生のことを思いました。賢い、人生の先輩たち。そうつぶやきました。