Maybe it's because I have been reading a sci-fi novel written b...

  •  
  • 251
  • 13
  • 3
  • English 
Aug 24, 2018 01:16
Maybe it's because I have been reading a sci-fi novel written by Ursula K. Le Guin, I take things from a viewpoint of a feminist. This book was the assignment for the book club meeting last month, but I am a slow reader in English, so I am still reading it. There are still more than 100 pages left.
Today the typhoon hit this area, so I had to cancel my Japanese class after work and change some plans too. My friend also had changed his plans and stayed at home, and suggested to see a movie on Netflix. He already knew that I can't eat spicy food like children can't, and today I told him that I don't like horror movies or suspense movies. It may sounds that I am timid, but it's just a fact. He suggested "Wonder Woman". It looked interesting and not scary. We started watching it, putting snacks and tea on the table.
It was a good movie. However, I soon wished I was't reading the book which is loved by feminists. I couldn't help but consider about the amazons' costumes. In my eyes they expose wearers' skin excessively. The amazons live themselves alone on an isolated island, then why do they have to wear a sexy short skirt with slits which show their thigh and rising breastplates, and make their hair down? If I were an Amazon, I would never wear a short skirt or a breastplate. I would put on short pants or leggings and a not-sexy shirt with long sleeves, and never think of exposing my skin: It's just unnecessary. You don't have to attract men.
Of course the actresses have to dress to entertain the men viewers! I was half enjoying the movie and the rest distracted by my feminist whispering. I was a bit amused but at the same time, annoyed.
Being a feminist is no doubt a good thing, but sometimes you can't simply enjoy a popular movie.
多分、アーシュラ・K・ル=グインのSFを読んでいるせいだと思いますが、フェミニストの視点から物事を捉えようとする傾向が強まっていると感じます。この本は、先月の読書会の課題だったのですが、私は英語を読むのが遅いので、まだ読んでいます。まだ100ページ以上もあります。
今日、台風が兵庫県を直撃して、日本語の授業をキャンセルしたり、ほかにも予定を変更したりしなければなりませんでした。友達も予定が変更になって、家にいました。そして、Netflixで映画を観ようと提案しました。友達は、私が子供のような味覚で、辛い物が食べられないことを知っています。今日は、実はホラーやサスペンスは怖くて観られないということを言いました。実際私は怖がりです。「ワンダー・ウーマン」はどうかと彼が提案しました。面白そうだし、そんなに怖くなさそうです。テーブルにお茶とお菓子を置いて、観ることにしました。
面白い映画でした。でも、映画が始まってすぐ、「あのSFを読んでいなかったら、別の見方が出来たかも」と思わざるをえませんでした。アマゾン族のコスチュームが気になって仕方がないのです。肌を露出しすぎだと思いました。アマゾン族は孤島に女だけで住んでいます。ではなぜ、脚を見せびらかすためのスリットが入ったセクシーなミニスカートや、異様に盛り上がった胸当てを身に付けないといけないのでしょうか。また、髪を下ろしているのはなぜですか。私がアマゾン族だったら、ミニスカートや胸当てを着けたりしません。ショートパンツかレギンス、そしてセクシーさのない、長袖のシャツを着るでしょう。肌を見せたりしないでしょう。だって、必要ありませんよね。男がいないんですから。
当然、映画の女優は、男性の視聴者の目を楽しませるために、セクシーな衣装を着なければなりません! 映画を観るのは楽しかったのですが、自分の中のフェミニストの声がうるさくて、集中出来ませんでした。その現象を面白いとは思いましたが、同時に、ちょっとうっとうしく感じました。
フェミニストであることは無論、いいことです。でも、時に、人気の映画が純粋に楽しめないこともあります。