My "Kitchen", part 4

  •  
  • 274
  • 15
  • 3
  • English 
Mar 18, 2019 01:09 bookclub
While I was reading Banana Yoshimoto's "Kitchen" to go to a book club meeting, I often cooked deep-fried food. This book contains three short stories; "Kitchen", "Full moon - Kitchen 2" and "Moonlight shadow".
The first two are a series of the same story and the last one is another story. This book was released in the midst of the 80's when people in Japan weren't discussing sexual identity or transsexuality that often yet. Those two stories have a transgender character and it was very unconventional in those days. If you read this book now for the first time, you might find this book unconvincing, but think of that before criticising, you didn't even have cell phones or the internet in the time of this book describes! I mean, for the majority, those stuff didn't exist. In those days, I remember that my dad used a car phone which was very alike to nowadays cell phones and some people enjoyed the communication through their PC network. I don't know how you call it, but in Japanese it was called パソコン通信. Those things hadn't spread well yet, I mean.
The sexual identity issues from this book was one of the reasons why the organiser selected this for a book club meeting, and I assume that another reason was that it was a bestseller written by a Japanese author. After all, all the participants are currently living in Japan.
I noticed another point in common between those two stories; A deep-fried food is delivered to someone who has just lost their loved one, and the food gives them the energy to survive. In "Kitchen 2", it is a katsu-don (pork cutlet and cooked eggs on hot rice). The protagonist, Mikage, took a taxi and drove a long distance at a midnight to deliver it to her friend Yuichi. This episode conveys the atmosphere of the 80's Japan, in the midst of the bubble period very well.
In "Moonlight shadow", a kakiage-don (various vegetables and sometimes small shrimps of tempura on hot rice), and something from Kentucky Fried Chicken.
I really like the idea, the food I cooked gives someone energy to live their lives. That's why I was into cooking deep-fried food in February. And I had someone with me in my flat to make food for, as a host mother. It is different thing at all, cooking for someone else from cooking for yourself alone. That might not sound like what a feminist says, but for me, it is sheer joy to cook for someone whom I consider as my family.
https://www.instagram.com/p/Bu0o2f-hxS-/
読書会のために、吉本ばななの「キッチン」を読んでいる間、私はしょっちゅう揚げ物をしていました。この本には、3つの短編が収められています。「キッチン」「満月ーキッチン2」「ムーンライト・シャドウ」です。
最初の2つは、同じ話です。「ムーンライト・シャドウ」は別の物語です。「キッチン」の初版は、80年代半ばです。当時、性的なアイデンティティやトランスジェンダー、性別を変更するなどといったテーマは、日本では全く話題に上っていませんでした。もし現代の読者が初めてこの本を読んだら、あまり説得力がないという批判をしたくなるかもしれません。でも、まあ、考えてみて下さい。当時は、携帯電話も、インターネットもなかったような時代ですーー大多数の人にとっては。確かに、携帯電話の先駆けのような自動車電話はありました。父が車に装備していたのを覚えています。また、パソコン通信でメッセージをやりとりしている人もいました。でも、まだ一般には普及していませんでした。
読書会の主宰者は、この本にはトランスジェンダーの登場人物がいるということで選んだのですが、もう一つの理由は、日本人作家によって書かれたベストセラーということです。参加者はみんな、日本に住んでいるからです。
もう一点、私が気づいたこの2つの物語の共通点は、揚げ物です。身内を亡くして弱っている人に、熱々の揚げ物を届ける、そしてそれが相手に生きる気力とエネルギーを与える、というモチーフです。「キッチン」では、みかげが雄一に、かつ丼を届けました。深夜、わざわざ、長距離をタクシーを飛ばして。いかにもバブル時代らしい話ではありませんか。「ムーンライト・シャドウ」では、柊が母に持って帰るかき揚げ丼、そして、同じく柊が、風邪で寝込んださつきに見舞いとして持ってくるケンタッキーフライドチキンです。
「自分が作った食べ物が、誰かに生きる活力を与える」というモチーフがすごく自分には納得できるものだったので、2月は、揚げまくっていました。ちょうど、ホームステイの生徒がうちにいたので、料理し甲斐がありました。誰かのために料理を作るということは、自分のためにご飯を作るのとは全く別物です。フェミニストらしくないかもしれませんが、私は、家族だと思った人のために料理するのが本当に楽しいんです。