My students and I went on a study tour of a municipal institution w...

  •  
  • 290
  • 9
  • 4
  • English 
Jun 28, 2018 23:30
My students and I went on a study tour of a municipal institution which preserves an old pottery. The place is just fifteen minutes from our school. I walked there with my students singing cheerfully. I have to mention their age. They are all teenagers. I believe that teenagers usually don't sing while walking in the town. However, it was the first time I took them out of school, so they were excited like school kids. I said to them, "Oh, don't sing with a loud voice. If there's a baby, you would bother their sleep." They just laughed a lot.
If you see students outside school, you might look on how the teacher acts to students or to people. I said so to my students, one of them laughed and said, "No, you might be our mother! A very diligent mother!" Another girl asked to him, "what do you mean?" He explained, "We don't look like each other at all, so our fathers are assumed to be different!" I burst into laughter.
The pottery workshop was kind of fun. I believe that they enjoyed the process the most, slamming the clay block on the wooden board and slapping on it to make it flat, into 7 to 10 mm of thickness. I was so happy to see their big smiles. To be honest, I was a bit worried if they could be nice out of school, because they are not always good. It turned out to be a needless worry. The pottery instructor said that their works will be done in two months.
After the workshop, we also enjoyed a short walk in the woods nearby, and then, at the train station, I saw them off.
生徒達を連れて、校外学習に出かけました。目的地は、古い窯跡を保存している市営施設で、学校からわずか15分のところにあります。そこまで歩いていきました。道中、生徒達は楽しく歌を歌っていました。というと、子供みたいですが、生徒達は実際は10代です。普通、ティーンエイジャーは、町を歩きながら歌ったりしないと思います。でも、今回、校外に出かけるのは初めてだったので、生徒達は小学生みたいにわくわくしていました。
「ねえ、頼むからでっかい声で歌わないで。赤ちゃんがいたら起きちゃうよ」
と言ったら生徒達はげらげら笑いました。
町で、生徒を見かけたら、引率している教師が生徒や町の人達に対してどう振る舞うか、見ますよね。私がそう言うと、生徒の一人が笑って、
「そんなことないよ! 先生は、俺らのかあちゃんかもしれないし! めっちゃ頑張ったかあちゃん!」
ほかの子が聞きました。
「どういう意味?」
「つまり俺ら、全然似てないだろ。だから、父親が全部違うかもって話!」
私は吹き出してしまいました。
陶芸のワークショップは本当に面白かったです。粘土を板にたたきつけて、7ミリから10ミリの厚さに平たく伸ばすためにバンバン手のひらで叩くのが一番楽しかったみたいです。生徒達の笑顔が見られて嬉しかったです。正直、ちょっと心配だったんです。学校の外で、生徒達がちゃんと礼儀正しく振る舞えるかどうか。いつもいい子というわけではありませんから。でも杞憂でした。陶芸の先生は、2か月後に、焼きあがった作品を渡せるでしょうと言いました。
ワークショップの後、近くの森の中をちょっと散歩しました。そして、駅で生徒達と別れました。