This morning I didn't feel well and stayed in bed.

  •  
  • 508
  • 7
  • 4
  • English 
Dec 16, 2016 03:24
This morning I didn't feel well and stayed in bed. I tried to sit up, but I couldn't. My cell phone rang, and I barely answered it. It was a call from my mother. My parents live in a house where I grew up. I live alone in a flat near my hometown.
She said that I seemed to get a letter from one of my students at the cram school. I doubted, because they didn't know my address and they could meet me every week, however, if someone would want to contact me in an unusual way, that means an emergency. My mother tends to worry about me too much, but there was no choice. I told her I was sick, and asked her to bring it. When she arrived one hour later, I was at least trying to prepare something to eat, but still in a nightwear. When she dropped the envelop in my hands, I felt relieved and couldn't keep my smile. The sender didn't write his name and the return address, but I knew what it was. It was a Christmas card.
"Mom, it is from my friend."
"Your friend from a foreign country? But the stamp is Japanese one and this handwriting kanji has no error."
"He currently lives in Japan."
He wrote my name and address in kanji perfectly, just the only one error was that he missed one letter, "様". My mother overlooked it, if she noticed that, she would have known that that was not from a Japanese person. She looked at my face and was satisfied with what she looked on my face.
"You look well now. You work today?"
"Yes, of course. Thank you so much, Mom. I am so happy to get this mail."
I didn't expect his Christmas card that early. In Japan, New Year's cards are delivered on January 1. I had hardly gotten Christmas cards, so I didn't know that they might be even delivered before Christmas Eve.
I read the Christmas card, and it made my day.
今朝、私は具合が悪くて、布団から出られませんでした。起きようとするのですが、できないのです。携帯が鳴って、何とか取りました。母からでした。両親は、私が生まれ育った家に住んでいます。私は今、故郷の町の近くで、アパートで独り暮らしをしています。
母は、私に塾の生徒からの手紙が来ていると言いました。不審に思いました。塾の生徒は私の住所を知りませんし、毎週私に会っているのです。でも、もし誰かが普通でない方法で私と連絡を取ろうとしているなら、それは緊急事態かもしれません。母はすごく心配性です。でも、選択の余地はありませんでした。病気なので、届けてほしいと頼みました。一時間後、母が到着した時、少なくとも私は何か食べ物を用意しようとしていました。まだ着替えていませんでしたが。封筒を手渡された時、私はほっとして、それから、抑えようもなく笑顔になるのを感じました。差出人は、自分の名前と住所を書き忘れたようです。でも、すぐ分かりました。クリスマスカードでした。
「お母さん、これ、友達からだった」
「外国のお友達? でも、日本の切手が貼ってあるし、綺麗な字を書いてるじゃないの。漢字も全部合ってる」
「この人は今、日本に住んでるから」
友達は、私の名前と住所を、漢字で、完璧に書いていました。ひとつだけ、「様」という字を書き落としています。母は気づかなかったようですが、もし気づいたら、日本人からではないと分かったでしょう。母は私の顔を見て満足したようでした。
「もう、元気そう。今日、仕事に行くの」
「もちろん。ありがとう、お母さん。この手紙をもらえて、本当に嬉しい」
クリスマスカードをこんなに早くもらえるとは思ってもみませんでした。日本では、年賀状は1月1日に配達されます。私はクリスマスカードを、ほとんど、もらったことがありません。だから、クリスマスイブの前に配達されることもある、と知らなかったのでした。
クリスマスカードを開封して、読みました。一日、私は幸せでした。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app