I have been reading a story named "Someone Like You" writ...

  •  
  • 161
  • 8
  • 4
  • English 
Jun 22, 2018 00:49
I have been reading a story named "Someone Like You" written by Sarah Dessen. I've just read the part in which the phrase "someone like you" is used.
The hero, Halley has believed that she is just one of many others. When her best friend Scarlett fell in love with a boy, she doesn't expect something like that would happen to herself. Macon Faulkner shows his interest and she notices, only with him, she can act more freely than usual, like Scarlett always does with complete confidence.
One night, she went to a party to meet him, but he didn't show up in front of her. After leaving there, she said to Scarlett, "I was so stupid for even thinking he'd look twice at someone like me.". Scarlett then said, "Someone like you. Any guy would be damn lucky to have you, Halley, and you know it. You're beautiful and smart and loyal and funny. ~ You're special."
When I read this passage, I couldn't help but cry. I can relate to Halley. In this point, not so many people have noticed her good points, even Halley herself can't believe what Scarlett says.
I am in no doubt the type of Halley, in the meaning that I don't believe I have many good points. And one more thing I have to say, no matter how many good points you have, it can't be the good reason you can attract someone you like. Being a good person doesn't help when you want to appeal to someone. They might just prefer a flashy type with a curvy figure.
サラ・デッセンの「Someone Like You」を読んでいます。ちょうど、このタイトルに使われた「Someone like you」というフレーズが出てくる箇所を読んだところです。
主人公のハレーは、自分はその他大勢に過ぎないと思っています。親友のスカーレットに好きな男の子が出来た時も、自分にそういうことが起こるとは思いもしません。Macon Faulknerと言葉を交わすようになった時、ハレーは、Maconといる時だけは、スカーレットのように自信をもって、自由に振る舞えることに気が付きます。
ある夜、彼女はスカーレットと一緒に、パーティに行きます。Maconに会えると思ったのですが、彼は現れませんでした。彼女はスカーレットに言います。
「あたしは馬鹿だった。どうして、彼があたしみたいな子に振り向くかもしれないなんて思っちゃったんだろう」
スカーレットは彼女を諭します。
「あなたみたいな人ってね、ハレー、どんな男だって、あなたを手に入れられたらめちゃくちゃラッキーよ。分かってるでしょ。綺麗で、頭が良くて、誠実で、面白い。あなたは特別な存在なのよ」
このくだりを読んだ時、私は泣かずにはいられませんでした。私はハレーの気持ちが分かります。この時点では、ハレーがどんなに素晴らしいか、他の人は気づいていないのです。ハレー自身でさえ、スカーレットの言葉を信じていません。
私は明らかにハレーのタイプです。そんなに自分に魅力があるとは思えない、という点で同じです。もう一つ、いくらいいところがたくさんあったって、好きな人を振り向かせるのには何の役にも立たないんです。いい人であるということは、誰かを好きになってその人に好きになってほしい時に、全く有利な要素ではない、と言っておきます。相手は、めりはりのある体型の派手なタイプが好みかもしれません。